ジャパニズム44 劉書文とひいおじいちゃんは偉かった

  • 2018.08.12 Sunday
  • 13:58
評価:
---
青林堂
¥ 1,000
(2018-08-10)

 祖父は偉かった、

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 現在は四面楚歌、JAPANISM看板になった杉田水脈さんは、42号に続き小川榮太郎氏と対談。しかし、期待のLGBTネタがなく残念、それどころか、今後の連載も危うい気がするのだが、どうだろうか。

 ま、そんな硬いことは言わないで、漫画の動向にしましょう。

 

 テコンダー朴。ラーメン屋も手がける朝鮮忍者ハットリの前に現れたのは、朴星日に敗北した中国人拳法の達人・イケメン劉書文。劉は挑戦忍者に対して、ラーメンが中国発祥なんて常識だろうヴォケィとあざ笑う。しかし朝鮮忍者ハットリは言い返した。

 

韓国ラーミョンの起源は半万年。

その証拠に−

 

手搏図 ラーメンの起源は韓国

 

 久々の万能壁画「手搏図」炸裂。

 しかし、朝鮮忍者ハットリはあっさり敗退。再び朴星日と劉書文とが対決か?

 今までのストーリーだから推測すると、朴が練習不足のように描かれているので、一敗地に塗れるのだろうか。それとも、死亡寸前に朴英日が救出か。そして、阿倍野晋二がどう絡むのか。いずれにせよ、久しぶりに奉昌や重根が炸裂しそうな展開で楽しみである。個人的には金九が見たい。

 

 そして、テコンダー朴・日之丸街宣女子とともに看板にのし上がった「愛国少女ウヨ子ちゃん」。

 今回は3本建て。トップの「ひいおじいちゃんの墓参り」がなかな味わい深い。何というのか、イデオロギーでは説明ができない「美は沈黙を強いる」世界である。なまじ説明を加えると、何かが壊れてしまう。

 

根戸ウヨ子のスカートの中に手を入れる猫 そして2本目。

 これ、やばい。

 

 猫、小学生のスカートの中に手を入れている。

 猫、小学生のふとももを痴漢している。

 ウヨ子ちゃん、感じてる。

 

 ヤバくないか?

 そういえば昔、俺、同じようなシチュの夢を見たことがある。猫が俺の足に沢山こすりついてくる夢。

 

 他の記事より。

 Youtube春のネトウヨBAN祭りが記事になっていた。個人的には、前回号で余命三年問題に関してあまりに「あっさり」だったのが気になる。

 

 赤尾由美さん(P.132)は『外国人労働者はいらない!』と題して、中小企業庁の「人手不足ガイドライン」の記述『女性、高齢者、外国人等の多様な人材に視野を広げる(P.133)』に対して、『女性→△、高齢者→○、外国人→✕(P.133)』と、経営者の立場にありながら堂々と語っています。そして『人生のベテランが増える豊かさ』『反グローバルで日本を再構築』(←どちらも前述論文の見出し)を論じていますが、果たしてこの主張が若い世代に受け入れられるのでしょうか。

 赤尾氏の論文は、私のような「もうすぐポンコツ老人」にとっては嬉しいけれど、移民を導入しなければならない事態、すなわち少子高齢化を産み出したのが根本的要員であり、そこを見直さないと思います。そして、それを阻害している勢力は誰なのか。だって、私のような素晴らしい男性が、どうして若い女性にモテモテではないのでしょうか(そうです!)

 

 と、冗談はともかくです。労働力不足は経営者にとっては深刻でしょうが、数年前、大学生が人生に失望して次々と自殺したコ頃に比べれば、夢みたいな時代です。「EUの失敗」も分かるのですが、『これからの少子高齢化社会を畏れることはありません(P.135)』なんて言う気には、さらさらなれません。いや、間違いなく「姥捨て山の先見の明」が近い将来語られるでしょう。

 

 ではまた。

読んでない本がこんなに溜まってしまった

  • 2018.08.11 Saturday
  • 09:55

JUGEMテーマ:気になる書籍

 

 今、これを読んでる最中なんだけど。

 

 

 読みたい本をどんどん買ってたら、未読の本がたまってしまった。

 

 

 ついに赤ん坊を殺してしまった人の本も未読。清原様も未読。

 ミラレパじゃなかったミネルパは面白そうなので買ってしまった。「おひとりさまのシニア金融」は、そりゃー自分がおひとりさまだもん、気になるわな。

 しかし、滞留本はこれだけではない。

 

 

 胡散臭いトリオ。

 島田裕巳先生の本はTwitterで流れてて衝動買い。JS5の神様は、こんな「胡散臭さ200%インチキ300%」の本が電車内で堂々と広告出してるのを見て、興味本位で買ってしまった。

 「みんなちがってて、みんなダメ」はタイトルのセンスだけでは買わなかっただろうが、書いてるのがなんと中田考。そりゃー買いだ。

 

 あれ、こんなのもまだ読まないで放置されてた。

 

 

 もっとも、これらの本は、おそらく本日あたりAmazonから送られるJAPANISMの後に読むことになる。

AIvs神様の大決戦

  • 2018.07.01 Sunday
  • 18:22

JUGEMテーマ:気になる書籍

 

 最近、本を読んでない。

 その理由は分かっている。通勤電車の中にいると、どうしても新しいスマホで遊んでしまうのだ。

 

 現在「積ん読」状態。

 

 

 AI対イスラム教。今の世界を俯瞰するに実にふさわしい言葉だ。マジ、そんな感じだよね。

 宗教が完全に力を失い、共産党が夢想したが悲惨な失敗に終わった理想を、AIが実現するかもしれない。そんな時代に、何故か「殺人宗教」がキリスト教を凌駕しようとしている。

 

 

ジャパニズム43はセクハラ特集? 余命三年懲戒騒動には殆ど触れず

  • 2018.06.17 Sunday
  • 09:34
評価:
---
青林堂
¥ 1,000
(2018-06-09)

 最近やっと知ったんだけど、JAPANISMではなくジャパニズムなんだね、本の正式名称は。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 待望の「根戸ウヨ子」2連投はイマイチだった。

 テコンダー朴は今回より沖縄編。それよりも、安倍首相が天皇陛下に対して、じゃなかった覇王子の前に跪く阿倍野総理が「この… 距離なら…」「まだ… 時期ではない」「もっと力を…」

 阿倍野総理は恐ろしい考えを秘めているようである。あ、あくまでも阿倍野総理。安倍首相ではありませんから。しかし、覇子様に続き、また問題になりそうなシーンだ。

 あと、テコンダー朴「だけどオッチャン、だったら在日はどうして韓国に帰らないんだ?」と珍しく日本的発言したら、オッチャンが凍ってた。

 

 今回は赤尾由美とKAZUYAがセクハラねた。KAZUYAはお馴染みの立民初鹿。注目は赤尾由美さんの『セクハラ・パワハラで萎縮する社会』。

 赤尾由美と某銀行の支店長の話(P.126〜127)より。

 それでは、もう社内結婚はなくなりますね。

 あ〜 それはもう難しいでしょうね…

 実際に、下手にセクハラ問題で騒ぎが起きると社会問題になるので『過剰反応して防衛せざるをえない(P.126)』のだそうです。うかつに男性は女性に声をかけられない。その結果、当然に社内結婚も激減すると。女性の地位が向上して、良かった良かったとはとても思えない。ここにも「誰も幸せにしないリベラル」の好例を見た気がした。

 

 あと、あえて苦言を呈すれば、余命事件に殆ど触れられていないのはどうしたことか。最後の『保守速報を読む』で少し述べられているだけである。

 ご存知のように、「余命三年懲戒事件」はテレビや新聞まで報道した大事件であり、青林堂はいわば「最大の関係者」であり、余命氏とともに、何かコメントを出して然るべきだと思うが。今月号は「余命事件特集」にしても良いくらいである。

 自分には、話題になったのを奇貨として、余命漫画を宣伝しているようにすら見える。

 

面白いけど笑ってはいけない!(国民の敵はここにいる)by倉山満・はすみとしこ@ビジネス社

  • 2018.06.10 Sunday
  • 09:45

 はすみとしこさん頑張れ! はすみとしこさん頑張れ!

 と、余命三年懲戒請求事件で落ち込んでいるはすみさんを応援するために買ってみました。朝日新聞がレイシストと絶賛するはすみさんと、どこか怪しい匂いがする倉山満さんの対談です。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 私、神奈川県民なんだけど、いや、何が驚いたかって。2016年の参院選で民進党は神奈川選挙区から二人の候補者を出した。一人でも危ない選挙区なのに、金子洋一という立派な候補者がいるにもかかわらず、真山勇一という元アナウンサーの老人を立ててきた。これ、民進党右派の金子洋一を落選させることが目的なんだって(P.108)。でも、どう考えてもおかしかったよ、あの立候補。

 

 倉山さんがまくしたてて、はすみさんがうまく流す展開。

 「国民の敵はここにいる」と書いてあるが、別に国賊探しをしている感じではなく、面白いので笑って良い本である。

 倉山満が『『世界』という雑誌、知ってます?(P.56)』だって。確かに見なくなったよな。それは左翼衰退の象徴ともいえるが、ただ「諸君!」も休刊になってるし、文藝春秋も売上落ち込んでるらしいから、月刊総合誌そのものが役割を終えたという気もします。しかし倉山氏いわく『岩波文庫は素晴らしいです(P.57)』『右も左も、まず岩波文庫を一日ニ〜三冊読めるくらいの読書力を身に付けてからモノを言いましょう(P.57-58)』と。なるほど。確かに、ネット論客って、学がない人が左右問わず多いもんな。

 

 社会党はいかに酷かったか。あの菅直人が抜けたくらいだ。『菅直人すら入らない社会党(P.100)』だって。今考えればそうだよな。向坂逸郎の社会主義協会なんか、完全な基地外だもん。で、その社会党じゃ駄目だから、ちゃんと政権獲れるのを作ろうってできたのが民主党、しかしその後に民進党が出現して、最低政党社会党のさらに『その下ができた(P.109)』と。

 他にもいろいろあります。対談集なので、気楽に読める本です。

 

 しかし、倉山満さんって本当に頭が良いのだろうか。

 

「創価学会秘史by高橋篤史@講談社」って本を買ってしまった

  • 2018.05.05 Saturday
  • 16:32
評価:
高橋 篤史
講談社
¥ 1,944
(2018-03-01)

JUGEMテーマ:気になる書籍

 

 そんな本を買ってしまった。

 早速、前書きを読破した。

 創価大学図書館でも創価女子短期大学図書館でも、1951年4月創刊の「聖教新聞」のバックナンバーが読めるのは、1980年1月からだと書かれている(P.11)。創価学会のような世俗化した宗教でさえ、そんなものなのか。それ以前の問題として、DVDとかオンライン・データベースとか作ってないのだろうか。

 ちなみに、「邪宗」立正佼成会の付属図書館に、聖教新聞や大白蓮華のバックナンバーが揃っているらしい。

 

 それでは、これから本文を読んでみまーす。

 

リベラルに支配されたアメリカの末路

  • 2018.05.01 Tuesday
  • 12:06

 アメリカの「余命三年」みたいな印象です。

 どこか怪しげ。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 偽装左翼が名乗りたがる「リベラル」なる「民主主義を悪用した癌」が、日本そして世界を浸食していると自分は思っているので、興味を持って読んだ。

 正直、「ホント?」と思う部分も多かった。

 例えば、アメリカの大学生はディベートが得意という幻想。アメリカの大学には、反「リベラル」にそれとなく嫌がらせをする「近衛兵」のような集団がいると(P.63)。そして、大学で保守派の講演会が開催されると、『子供が猫を撫でることができる「セーフ・スペース」が設けられていた(P.63)』と。

 そんな「まっかっか」とおっとっと「リベラル」に落ちぶれたアメリカを、筆者は過去の歴史から分析する。米西戦争(P.86)、プロテスタントの欺瞞(P.108)やカトリックの分裂(P.148)等。そして日本に関して、天皇機関説の美濃部達吉を『極悪人(P.89)』と切り捨てる。

 部分的に「なるほど」と思うところもあったが、部分的に「本当かな?」と思うところも多かった。アメリカが中絶大国だとは思いもよらなかった。キリスト教的道徳観が地を払ったのも事実だろう。しかし、逆の意見も流れてくる。

 

 どこが力点かつかめなかった。

 

 

イスラム教の論理by飯山陽@新潮社(2)

  • 2018.04.29 Sunday
  • 14:48

 共産主義が「人類史上最低最悪の大量虐殺思想」の烙印を押され地球から消え去ろうとする今、「リベラル」とつるんだイスラム教こそが、全人類の幸福を望む民主主義勢力にとって最大の敵ではないだろうか。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

前回のブログ:

イスラム教の論理by飯山陽@新潮社(1)ー半分読んだけど、強烈。

http://kusoeigo.sinzinrui.hippy.jp/?eid=344

の続きです。

 

 私は通勤電車の中で読書することが多く、かつブログを書くことを意識して、印象に残った部分に付箋を貼ることが多い。妙にこの本がカラフルになってしまった。

 

 

 こういう「衝撃的な」本は、やっぱり反対意見も気にしたほうが良いと思う。しかし、この本に書かれている内容は、あまりに強烈である。要するに「イスラム国は普通のイスラム教」どころか、イスラム国こそがイスラム教の理想社会であると。そんな読後感を持った。

 

 今回は、この本の後半をご紹介する。

 第5章。タイトルが思いっきり『娼婦はいないが女奴隷はいる世界』。筆者曰く『不信仰者に対してはまず宣教を行い、従わない場合には武力で制圧して殺害するか奴隷にするのは、コーランやハディースに立脚したイスラム法の明確な規定です(P.150)』。

 イスラム教(コーラン)の教えは絶対である。何故なら絶対的な神様が人間に対して、ムハンマドをとおして託したメッセージだから。例えば、コーランに「電車に乗ったら男はチャックを開いてチンポをポロリと出さなければいけない」と書いてあったら、男どもはたとえ制服女子高生の前であっても。電車に乗ったらチンポをポローンと露出しなければならない。その結果警察に逮捕されて現世で惨めな一生を送っても何ら気にする必要はない。神様さんの教えに従えば天国に行けて、AKBやモー娘やおニャン子(全員、全盛時代)が「まるごと嫁」で、朝から晩までエロいサービスをしてくれるのだ。女のことは知らん。そういう教義なのだ。

 そして筆者によれば(P.151〜)、エジプト・アズハル大学のスアード・サーリフ教授が2014年9月に放送したテレビ講座で、『イスラム教徒が異教徒と戦争をして敵側の女を獲得したならば、その女はイスラム教徒の奴隷となり、その女奴隷を所有した人は彼女と性交することができる』。そして、この見解はどのイスラム教の著作にも書いてあるスタンダードで正当なな規程であると。

 一方、イスラム教の見解によると不倫したら死刑。左翼の皆さん、ご存知だろうか。未婚者がひとつ屋根の下、どきどき状態でもアウトである。なのに『現代のイスラム諸国でしばしばレイプの被害にあったと訴えた女性の側が逆に鞭打ち(P.161)』etcの制裁を食らう。何故なら、姦通罪が成立するにはイスラム教徒4人の承認が必要というぶっ飛んだ「教え」があるからであると。

 しかし、イスラム圏だって残業で独身男性と女性とが二人っきり、どきどき状態になる事がある。その時はどうするか。アズハル大学のイッザトゥ・アティーヤ教授曰く『女性が同僚男性に自分自身の母乳を飲ませれば良い(P.174)』らしいのだ。念のために言っておくが、エジプトのアズハル大学はエジプト名門公立大学で、10世紀に作られたムスリム憧れの名門大学である。

 結果として、『イスラム諸国の現実は、セクハラ被害者が極めて多いことで知られています。(P.171)』と。福田淳一さんどころか、初鹿明博さんも山本太郎さんも思わずニッコリらしいのだ。しかし、そんな事に疑問を持ってはいけない。正しいのは法律でも常識でもない。コーランに何が書いてあるかである。

 

 もちろん、JCを性奴隷にして楽しい生活を送らせるほど、神様は甘くはない。そんな宗教があったら、男はみんなイスラム教徒である。ポアならぬジハードも、イスラム教徒がやらなければならない義務である… と、少しえげつない部分のみを強調しすぎてしまったかもしれない。しかし、相当なリアリストであってもこの本を読むと、衝撃を受けると思う。

 宗教問題に興味を持つ方に是非とも読んでほしい。

 「仏教の理想がオウム真理教である」と発言すれば、ほぼ全員の日本人が私を笑うだろう。しかし、この本を読んで笑えなくなってしまった。イスラム国に帰化した移民は、人間が英知を絞って発明した民主主義制度ではなく、神様が支配するコーランの教えに従って生活ができるイスラム国で暮らせる幸せに満足している。それどころか、民主主義も自然科学の法則も、とっくの昔にコーランで説かれていたと…

 ヨーロッパもアメリカも、オウムよりも優秀でオウムよりも残虐でオウムよりも敬虔な宗教、「カルトではない」「平和を愛する」宗教と対峙しているのだ。

 

 2018年も1/3。今現在、最もインパクトあった。是非読んで下さい。絶対に損はしません。時間を消費する価値があります。

 

イスラム教の論理by飯山陽@新潮社(1)ー半分読んだけど、強烈。

  • 2018.04.22 Sunday
  • 14:39
評価:
---
---
---
()

 「ISはイスラム教とは縁もゆかりもない。普通のイスラム教に過ぎない」どころじゃない。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 朝晩の通勤電車で半分読んで、付箋が立ちまくった。

 

イスラム教の論理

 

 こういう強烈な本は、アカの本と同様に、少し眉につばをつけて反対意見も読んだほうが良いだろう。しかし、筆者(♀)の問題提起はあまりに強烈。

 半分読んだ印象。筆者は「イスラム国こそが真のイスラム教の教えに従った理想国家である」と主張している。

 

 筆者の飯山陽(あかり)氏は写真で見る限りなかなかの美女である。しかし、彼女の問題提起は、たとえ彼女がブスであっても気考えなければならない重要な課題であると思う。

 例えば、何で民主主義国家の「ムスリム」が、ISはイスラム教と別物と言いたがるかといえば、ただ単に『解釈によってイスラム教はいくらでも過激なものになると認めてしまうと、西洋社会で暮らすことは不可能になるから(P.18)』であり、『もっといえばそう装うことが使命(P.18)』だから、仕方なくそう発言していると。要するに、欧米型民主主義国家で生活するために、仕方なく『反テロ宣言(P.18)』しているに過ぎないと。

 『「イスラム国」が掲げる黒旗には、「アッラーの他に神なし、ムハンマドは神の使徒」と記されています(P.43)』。そして、イスラム教の善悪の基準は、議会で決定した民主主義的結論ではなく、コーランの記載であり、基準は人間はなく神であると。そうである以上、『イスラム教に西洋の価値観とは相容れない部分がある(P.46)』のは当たり前のことであると。そして、私達日本人も。そんな人達と「ハラール対応」をしているのであるのだが、自覚はあるだろうか。

 イスラム教も、仏教やキリスト教と同じように「世俗化」しそうなものだが、皮肉にも『インターネットの普及により、体制派の穏健派法学者がもっぱらイスラム教を解釈を独占する時代は終焉を迎えました。(P.51)』と。それによって、イスラム教の『「正しい」教義が広まり始めた』と。インターネットの普及で、真のイスラム教の教えを知ってしまい、しかもそれに賛同する信者が続々誕生したと。

 例えば、イスラム教の文化圏であるインドネシアでは、社長がLGBTを推進しているスターバックスの不買運動が広がっていく。AKB支社が活動し、ミニスカートやビキニでインドネシアのキモヲタを悩殺しているインドでシアでさえ、これなのである。

 

 イスラム国だってイスラム教。事態はそんな生ぬるいことではない。『イスラム教の支配地域こそ(イスラム教徒の)「理想郷」である(P.71)』と。イスラム国に住まう人達は『イスラム法によって統治された地に生きることの幸福にみちた笑顔(P.79)』を見せる。

 すなわち、イスラム国こそが、イスラム教の真の教義を実践したのである。

 

 

素人でもできる! たった20記事のミニサイトで月10万アクセスを集める方法by中嶋茂夫@ソシム(2)

  • 2018.04.15 Sunday
  • 17:06

 前回の続きです。

 初めてこのページをお読みの方は、一つ前からお読み下さい。

 「SEO=コンテンツの充実」論がいつの間にか信じられなくなっていた。そんな時にこの本に出会った。

 

JUGEMテーマ:SEO

 

P.95

『オリジナリティが出せるコンテンツとしておすすめなのが。

・体験談

・取材

・レビュー』

 #ですよね。自分は1と2とが少なくなってるんです。

 

P.98

『Googleが各記事の評価をするのに3ヶ月から6ヶ月の時間がかかります。』

 #WEB管理者経験あるので、Googleのbotがしつこくやってくるのを知ってるんで、そんなに遅いとは思わなかった。

 

 で、ここら辺りから難しくなってくる。

 

P.105

『...少しだけノウハウ的なことをお教えします。これまでの様々なサイトの集客を行っていた経験から、タイトルにはメインのキーワワード1語と、関連するキーワード4語の合計5語を盛り込むのが最も効果的であることがわかりました。』

 #すぎょい。そこまで考えてるんだ。

『検索エンジンは。タイトルの文章の中でも、先頭に近い言葉こそ重要性が高いと判断するためです。』

 

 #本当にそうなのか分からないが、そこまで考えている人がいるだけでも感心した。

 

P.110

『ミニサイトの記事は1ページごとにターゲットが異なる』

 #私みたいなビッグサイトであっても同じだ。そう心がけなければ。

 

P.111

『誰でも知っているいるワードだけで検索しても、検索結果があまりにも多すぎて自分が求める情報が上位に表示されない...』

『Googleが公表している調査結果では、Googleで検索される回数のうち44%は3つ以上のワードを使って検索されています。』

『ビッグキーワード1語ではなく3語のK見合わせで上位を狙う』

 #ここまで考えてなかった。

 

 その他、FACEBOOK広告とか、さわやまなまでにテクニックに特化して、コンテンツ真理教にマインドコントロールされていた自分にとって、なかなか勉強になりました。

 なんて考えてる私は、単なる自信過剰なんでしょうか。

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM