『創』を本屋で買って読んだのは、何年ぶりだろうか「『創』2018年10月号」

  • 2018.09.17 Monday
  • 16:54

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 「新潮45」に、『そんなにおかしいか「杉田水脈論文」』という論文が掲載されたとTwitterで知り、更に特集が『野党百害』だというので、せっかくの三連休だもの、速攻で本屋に買いに行ったら、まだ9月号が山積みになっていた。

 仕方がないので、久しぶりに目撃した『創』2018年10月号を買ってしまった。

 

 いかにも「時代に取り残されたおじいさんのオナニー雑誌」。特集は例の「真相究明」だが、既に動画でアップされた情報ばかりで、全く食指が動かない。

 しかし『相模原障害者殺傷事件・植松聖被告の近況と『開けられたパンドラの箱』の反響』という雑文に掲載された植松聖さんの「精神障害者を描いたイラスト」、実に感動してしまった。

 

植松聖さんが描いた「精神障害者」のイメージ

 

 素晴らしい。

 精神障害者について、それなり以上に考えた事がある人ならば、植松聖さんが描いた絵の意図を、誰も否定など出来まい。

 

 ある時は他人に攻撃的になり暴れまくる。

 

 またある時は徹底的に思索にふけり、糞尿を垂れ流す。

 

 そしてある時は、理想と現実とのギャップに悩み、かと言って自分の理想を認めない他人に報復することができず、自暴自棄で自傷行為に走る。

 

 基地外と向き合った事がある人ならば、誰も否定できまい。

 

植松聖さんが描いたイラスト それにしても、植松聖画伯は絵が上手い。

 

 そして、毎月のように「創」を読んでいた頃に、この雑誌を読んで思った印象と、何十年ぶり(?)にこの本を買ったイメージと、殆ど同じである。

 

 この雑誌は、ネタを仕入れるのはうまいけれど、それを調理する人がいない料理店である。

 

 面白すぎるネタを仕入れてくる。しかし「創」の執筆陣では、これをさばく「力量」がない。

 

 『国でなくじゃあ家族がめんどうみるとなるということにすると、例えば家族が無理心中したりするわけでしょう。僕の言うことを非難する人は、現実を見ていないと思います。(P.62)』

 

 相も変わらず「元手要らずの加害者商法」、実にお見事である。こんな発言がこんな感じで、「新潮45」に自民党衆院議員が中立的に紹介したら、おそらく杉田水脈どころではない。安倍内閣が吹っ飛ぶような大騒ぎになるだろう。

 しかし、幸い誰一人読んでない「創」だったので、何もなかったように時は過ぎていく。

 

 これでいいのだ。本当かな?

 

 

 

 

 

 

元プロ棋士・永作芳也氏のその後の人生

  • 2018.09.16 Sunday
  • 07:18

JUGEMテーマ:将棋

 

 古い将棋ファンならば、永作芳也という名前を覚えていよう。

 晩学で奨励会入りして、必死に棋譜並べを繰り返し、将棋の駒に「重さ」があることが分かったという奥山紅樹氏の観戦記を思い出す人もいるかもしれない。

 どこか、今をときめく(?)桐谷広人氏と重なるイメージだった。晩学の奨励会入り、並外れた研究量でプロ入り、しかし上位の壁は厚く苦戦の連続。何よりも、真面目だけど不器用な生き方で、何かと揶揄の対象になり、小馬鹿にされている雰囲気が。

 そして永作芳也氏は、8年間のプロ生活を経て将棋界から去った。引退ではない。将棋連盟を退会した。普通、将棋のプロ棋士は「引退」し、毎年発行される将棋年鑑にも「引退棋士」として紹介される。しかし、彼の名雨は存在しない。

 

 確か「転職」したと聞いていた。

 

 その永作芳也氏の現在を追ったTV番組があったようだ。

 

 

 正直、金持ちになって笑いの止まらない生活を… であって欲しかった。

 職を30以上転々とし、事業を2度起こしたが借金を背負う。当然にというのか何というのか、独身。

 やっぱり、幸福になる人・不幸になる人は予め決まっていて、努力では変えることが出来ないのだろうか。いくら努力しても、不幸になる人は不幸になるように出来ている。いや、永作芳也氏を不幸扱いすることは失礼なのだろう。しかし、どこかで不動産業者として事業に成功し、面白おかしい生活を送っていてほしい、そうであって欲しいと思っていた私も、実は甘かったのだ。

 

 人間性も努力量も、その人の成功や幸福と何も関係ない。いくら努力してもダメな奴はダメ。自分も五十数年生きていて、心からそう思う。地位や名声と、努力量や人間性とには、殆ど関連性なんかないのだ。

 

 

久しぶりに体重計に乗ってみたら、80kgが呼んでいた

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 16:51

JUGEMテーマ:糖尿病

 

 やっぱりそうだったか。

 ある意味、体重計の一番左が「7」でほっとした。

 

 しかし、どうして私は体重計を桂の将棋盤の上に置いてしまうのだろうか。

 

昨日見た夢(宅配ピザ)

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 10:02

JUGEMテーマ:

 

 最近、既出の夢を見ることが多い。

 一つは、引越しの夢。

 新しい家に引っ越すパターンである。いつも、住所がわからないので調べたり、近所の様子を調べたり、通勤経路を調べる。

 とにかく、夢の中とはいえ、引っ越しておきながら何故かいつも住所が分からないのだ。

 

 もう一つ、将棋を指す夢。

 この前見たのは、どこかの夏祭りの将棋大会に3人のチームで出る夢だった。この「将棋夢」もパターンが決まっていて、絶対に実際に将棋を指さない。この前見た夢は、相手が来なかったり、事前に初型に並んでいたけれど、どこか駒が違ってたり。とにかく、必ず将棋の夢なのに、将棋を指さない。もう25年近く箚してないので、夢とはいえブランクが大きくて指せないのだろうか。

 

 昨日は、新しいパターンの夢を見た。宅配ピザを渋谷の街の中で食べる夢だった。

 何故か1/5枚状態で、どこかベンチに座って食べるのだが、せっかくだから白各水割をコンビニに買いに行く。

 別の場所で、やはり別のピザパイを食べようとして、やはりコンビニに白各水割を買いに行ったら、コンビニそのものがなくなっていた。

 そして、確か、怪獣が出てきたっけ。どういうわけか、私の夢の中のウルトラマンは弱っちいか、登場すらしてくれない事が多く、ひたすら逃げ惑うことになる。

 

 最近、人生に疲れているようだ。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM