将棋世界2019年4月号、詰将棋サロンを入手後2日で完了したのは何十年ぶりか

  • 2019.03.02 Saturday
  • 18:16
評価:
---
マイナビ出版
¥ 800
(2019-03-01)

 もっとも「初入選特集」だけど。

 

JUGEMテーマ:将棋

 

 「詰将棋サロン」、優秀作の<8>よりも<1>の方が難しかった。あと、個人的に<5>が好き。

 あと、気になったのが<??>番の作品。この「歩」は余詰対策とか、何かで必要なんだろうか。略せるならば、ないほうが3倍4倍レベルで「高作品度」が増す気がする。

 

中田章道の実践に役立つ5手7手詰 その代わり、中田章道の「実戦に役立つ5手7手詰」に手こずった。

 簡単だと思って舐めてかかるから苦戦したのだろうか。でも、時折「骨がある」問題が出て苦労する。

 (2)も骨があったけど(▲5二歩に騙されたのかも)例えば(7)なんか、皆さんは「ひと目」で解けただろうか。

 

 

 特集は順位戦とゴキゲン中飛車。まだ読んでないです。

 ってのか、もう「プレイヤー」は諦めたので、自分が昔指した戦法でないと、あんまり読む気が起きない。

 だいたい、戦法が変わりすぎ。相掛かり、まるで横歩取りやがな。

 

 

 JCが中学生名人になって、彼女が鈴木英春考案の「かまいたち」を指すので話題になっている。

 そういえば、今月の中飛車特集で、ゴキゲン中飛車に対してカニカニ銀で対抗する形が紹介されている。この形を世に知らしめたのも鈴木英春である。かまいたちの別バージョンだった。 

 

 あの人、今にして思えば凄い人だったんだな。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM