将棋世界2019年3月号「詰将棋サロン」<5>、当選2回の人だから当然解けたよね。

  • 2019.02.07 Thursday
  • 20:47

 「変態詰将棋」の予感。

 

JUGEMテーマ:将棋

 

 塚田正夫九段(名誉十段)といえば、実戦型詰将棋の名手。

 その「名手」たる所以は、実戦型だけではなく、手順に時折、詰将棋としては不自然な、とはいえ実戦でも指しにくい「実戦的」手順が混ざっているところにある。

 

 一見して変態に見えるようでは、真の「変態」詰将棋とは言えない。

 そんな詰将棋を、将棋世界2019年3月号「詰将棋サロン<5>」で発見した、と思う。

 

 みなさん、解けました?

 

変態詰将棋

 

 しかし、▲5二歩は何のためにあるのだろうか。

 それがともかく、 作者の「秋山和廣」でググってみたら、こんな図面げ出てきた。

 

 

 詰パラ方面では「達人」なのだろうか。いずれにせよ、秋山和廣さんは、詰将棋的指向が少数派の「LGBT」なのだろう。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM