飛車先突き右四間飛車(3筋不突き右四間飛車)ー将棋世界2019年1月号より

  • 2019.01.06 Sunday
  • 15:19

 将棋世界2019年1月号、すなわち昨年12月に発売された将棋世界、右四間飛車特集(P.121)より。

 

JUGEMテーマ:将棋

 

 P.136。

 

 

 おお! 懐かしい。

 

 鈴木英春式右四間飛車を思い出した。

 左美濃+右四間飛車、凄い。

 英春式のように、対右四間飛車側▲3六歩▲3八飛に対して、3二にいる玉を3一に引いて更に3二金なんて、苦し紛れの手を指す必要がない。

 

 それはともかく、左辺である。

 後手は7三の歩を7四に伸ばさず、代わりに△8五歩と突いている。

 

 これでは、後手から見て、右から先手の矢倉城を攻めるのが難しいと思う。

 しかし、P.135に、下記の局面から、衝撃的な手順が紹介されている。

 

 

これ、一歩を交換する狙いではない。

以下、▲6五同歩△同銀▲6六歩△同銀▲同銀△同飛▲同金△同角▲7七銀△3九銀

 

 

 

 何と、見事に仕掛けが成立している。

 3筋歩不突右四間飛車、実は有力なんだろうか。例えば、▲7九角ではなく▲5七銀だったら、△7四歩と突く感覚だろうか。なんか手が狭い気がするのだが。

 

 それはともかく。

 懐かしの「元祖?」居飛車穴熊@大木流が将棋世界に登場。

 

 最近、自分は時より思う。プロの新手は「コンピュータソフトと将棋ジャーナルばかり」。

 もっとも、タイトル戦に将棋ジャーナルな序盤は登場してないようだけど。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM