ジャパニズム43はセクハラ特集? 余命三年懲戒騒動には殆ど触れず

  • 2018.06.17 Sunday
  • 09:34
評価:
---
青林堂
¥ 1,000
(2018-06-09)

 最近やっと知ったんだけど、JAPANISMではなくジャパニズムなんだね、本の正式名称は。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 待望の「根戸ウヨ子」2連投はイマイチだった。

 テコンダー朴は今回より沖縄編。それよりも、安倍首相が天皇陛下に対して、じゃなかった覇王子の前に跪く阿倍野総理が「この… 距離なら…」「まだ… 時期ではない」「もっと力を…」

 阿倍野総理は恐ろしい考えを秘めているようである。あ、あくまでも阿倍野総理。安倍首相ではありませんから。しかし、覇子様に続き、また問題になりそうなシーンだ。

 あと、テコンダー朴「だけどオッチャン、だったら在日はどうして韓国に帰らないんだ?」と珍しく日本的発言したら、オッチャンが凍ってた。

 

 今回は赤尾由美とKAZUYAがセクハラねた。KAZUYAはお馴染みの立民初鹿。注目は赤尾由美さんの『セクハラ・パワハラで萎縮する社会』。

 赤尾由美と某銀行の支店長の話(P.126〜127)より。

 それでは、もう社内結婚はなくなりますね。

 あ〜 それはもう難しいでしょうね…

 実際に、下手にセクハラ問題で騒ぎが起きると社会問題になるので『過剰反応して防衛せざるをえない(P.126)』のだそうです。うかつに男性は女性に声をかけられない。その結果、当然に社内結婚も激減すると。女性の地位が向上して、良かった良かったとはとても思えない。ここにも「誰も幸せにしないリベラル」の好例を見た気がした。

 

 あと、あえて苦言を呈すれば、余命事件に殆ど触れられていないのはどうしたことか。最後の『保守速報を読む』で少し述べられているだけである。

 ご存知のように、「余命三年懲戒事件」はテレビや新聞まで報道した大事件であり、青林堂はいわば「最大の関係者」であり、余命氏とともに、何かコメントを出して然るべきだと思うが。今月号は「余命事件特集」にしても良いくらいである。

 自分には、話題になったのを奇貨として、余命漫画を宣伝しているようにすら見える。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM