将棋世界2018年7月号、その2。矢倉▲6七金左って、昭和棋界の落ち目6〜7段が指してそうなイメージだよね

  • 2018.06.04 Monday
  • 22:13

 昨日に続きまして、将棋世界の最新号より。

 

JUGEMテーマ:将棋

 

 うーん、次の一手、自信がない。何せ▲4三に質駒がある。とはいえ「ピーーー」手も見当たらないので、「ピーーー」「ピー」るくらいしか思いつかない。

 

 昨日は中原誠十六世名人の「我が棋士人生」をご紹介しているうちに暴走してしまったので、それ以外の記事より。

 特集は「横歩取り青野流」(P.83)。少し気合を入れて読んでしまった。横歩取り△3三角に対して▲5八玉と上がり、飛車は3筋に置いたまま▲3六歩→▲3七桂と跳ねる。自分がもう30歳若かったら、絶対にハマってただろう「アマチュア好み」の戦法のようだ。

 それと、矢倉で▲6七金左と上がる手が話題なようで、千田翔太六段が解説している。しかし『本編では変化が多岐にわたるため、筆者がDropboxで公開している定跡ファイル「C-book_WCSC28.sbk」を参照することを推奨する(P.114)』なんて文章を、将棋世界で読む日が来るとは思いもよらなかった。

 『イメージと読みの将棋観・II(P.142)』でも、矢倉はオワタとか▲6七金左とか、訳のわからないことが書いてある。しかし、仮に優秀なコンピュータソフトが矢倉で勝ちまくったら、「やっぱり矢倉は歴史の風雪に耐えてきただけのことがある」とプロ棋士は矢倉を研究し、中原vs米長の名人戦の序盤戦を「数十年前にこんな棋譜があったんだ」と、若手タイトルホルダーが『イメージと読みの将棋観・V』で褒め称えるのだろう。青野流▲5八玉も、何か人間以外の匂いがした。

 でわでわ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM