イスラム教の論理by飯山陽@新潮社(1)ー半分読んだけど、強烈。

  • 2018.04.22 Sunday
  • 14:39
評価:
---
---
---
()

 「ISはイスラム教とは縁もゆかりもない。普通のイスラム教に過ぎない」どころじゃない。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 朝晩の通勤電車で半分読んで、付箋が立ちまくった。

 

イスラム教の論理

 

 こういう強烈な本は、アカの本と同様に、少し眉につばをつけて反対意見も読んだほうが良いだろう。しかし、筆者(♀)の問題提起はあまりに強烈。

 半分読んだ印象。筆者は「イスラム国こそが真のイスラム教の教えに従った理想国家である」と主張している。

 

 筆者の飯山陽(あかり)氏は写真で見る限りなかなかの美女である。しかし、彼女の問題提起は、たとえ彼女がブスであっても気考えなければならない重要な課題であると思う。

 例えば、何で民主主義国家の「ムスリム」が、ISはイスラム教と別物と言いたがるかといえば、ただ単に『解釈によってイスラム教はいくらでも過激なものになると認めてしまうと、西洋社会で暮らすことは不可能になるから(P.18)』であり、『もっといえばそう装うことが使命(P.18)』だから、仕方なくそう発言していると。要するに、欧米型民主主義国家で生活するために、仕方なく『反テロ宣言(P.18)』しているに過ぎないと。

 『「イスラム国」が掲げる黒旗には、「アッラーの他に神なし、ムハンマドは神の使徒」と記されています(P.43)』。そして、イスラム教の善悪の基準は、議会で決定した民主主義的結論ではなく、コーランの記載であり、基準は人間はなく神であると。そうである以上、『イスラム教に西洋の価値観とは相容れない部分がある(P.46)』のは当たり前のことであると。そして、私達日本人も。そんな人達と「ハラール対応」をしているのであるのだが、自覚はあるだろうか。

 イスラム教も、仏教やキリスト教と同じように「世俗化」しそうなものだが、皮肉にも『インターネットの普及により、体制派の穏健派法学者がもっぱらイスラム教を解釈を独占する時代は終焉を迎えました。(P.51)』と。それによって、イスラム教の『「正しい」教義が広まり始めた』と。インターネットの普及で、真のイスラム教の教えを知ってしまい、しかもそれに賛同する信者が続々誕生したと。

 例えば、イスラム教の文化圏であるインドネシアでは、社長がLGBTを推進しているスターバックスの不買運動が広がっていく。AKB支社が活動し、ミニスカートやビキニでインドネシアのキモヲタを悩殺しているインドでシアでさえ、これなのである。

 

 イスラム国だってイスラム教。事態はそんな生ぬるいことではない。『イスラム教の支配地域こそ(イスラム教徒の)「理想郷」である(P.71)』と。イスラム国に住まう人達は『イスラム法によって統治された地に生きることの幸福にみちた笑顔(P.79)』を見せる。

 すなわち、イスラム国こそが、イスラム教の真の教義を実践したのである。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM