フリーライターとして稼いでいく方法、教えますby肥沼和之@実務教育出版(後編)

  • 2018.02.05 Monday
  • 20:32
評価:
---
---
---
()

 昨日の続きです。

「フリーライターになるための良書」の予感100%の本書ご紹介、後半戦です。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 『スクールだけじゃない、ライターの学び場(P.89)』。正直言って、自分は『ライター講座』『小説家講座』の類の場所に行っても意味がないと今でも思ってます。

 少し意表を疲れたのは『良い文章とは目的達成のために機能する文章(P.112)』『ライターは作家や詩人と全く違い、芸術家ではない。課題解決のためのツールとして、文章を扱うプロなのだ。(P.112)』。それを解説していわく、『本書であれば、「未経験の方がライターになり、お金を稼げるようになる」ことである。(P.113)』

 確かに。何で自分は毎日毎日文章を20年以上インターネット上に書き続けているが、何が目的か不思議と見失ってしまう。『山田ズーニーさんの『伝わる・揺さぶる! 文章を書く』という本(P.113)』、読んでみたいわ。早速Amazonに注文しました。

 

 『汗のかかない企画に魅力はない(P.164)』。そうなねすよね。でも、仕事しながら文章を書いてると、なかなかそうもいかない… 背中をそっと押されたい。

 『知ったかぶりは絶対にNG!(P.136)』。それ、自分、苦手です。「認められてない感」が溢れ出てる自分、むしろ「知ったかぶり」して情報を引き出させようとか思ってしまいます。でも、いるんですよね。女性に多いけど、「知ってるくせに知らないふりして相手を気持ちよくさせる達人」。凄いですよね。マジ尊敬します。

 

 …… そんばTipsを紹介したいんじゃなくて、この本を通退勤の電車内で読んでて、ひしひしと情熱が伝わってきたのだ。プロレスラー葛西純のファンというのも素敵だ。ある意味、ジェラシーを感じる。

 もう一度読み直してみたい。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM