今日7月30日は横浜市長選挙

  • 2017.07.30 Sunday
  • 13:56

 

 昨日土曜日、仕事をさっさと昼過ぎに終わって帰宅中のバスに、体育会系JKハーパン軍団が乗り込んできた。

 一人の女の子が、明日が選挙の初体験(むふっ)らしく、楽しそうに話していた。

 「明日の選挙」となると、横浜市長選挙だろうか。だとすると、感動の初体験、「ちっとも良くなかった」「”痛い”だけで、もう二度としたくない」って事になりはしまいか、心配である。日本が誇る大都市の一つである横浜市の市長選挙、このところの争点はただ一つ、「投票率」。低い低い。また投票率イチローの打率と競い合うのだろうか。

 ちなみに、神奈川県横浜市のお隣にある「好きです我が町愛の町」川脇市の市長選挙は、毎回毎回盛り上がってるんだよ。横浜県民も、今回はカジノ何ちゃらとかあるらしいので、JKの初体験を素敵な思い出にしてあげて欲しいものだけど...

 

 バスを降りて横浜線に乗って新横浜で下車。昼飯と称して、焼肉屋で真っ昼間から飲酒活動。終わって外に出たら、着ぐるみやオッサンが必死にウチワを配っている。センスがない。いや、そういうベタなギャグじゃなくて、団扇って、一時期、不正選挙の代名詞だったんだけど。

 

 

 このオッサン誰だか知らないけれど、上九一色村出身のB級プロレスラーとしてちっとも有名じゃないセッド=ジニアスさんを思い出したぞ。ってのか、おそらく有名なんだろうこの芸人、悲しき天才セッド=ジニアスさんをパクって、(私は名前を知らないけれど)有名になったのだろうか。

 新横浜駅前広場で投票キャンペーンをしている着ぐるみのそばに、ふわふわの超ミニスカート、いかにもキャンペーンガールがニオニコ顔で着ぐるみと握手して、お辞儀の際にパンツが見えないが期待した。なるほど、だからティッシュも配ってたのか。

 

 

 そうだよな、それくらいやらなきゃ。しかし、超ミニスカートが波打ってて、着ぐるみに握手する時にお辞儀して、パンツが見えないか期待した...と思ったら、富士通かサッカーか別のイベント動員の姉ちゃんだった。

 いや、投票依頼は超ミニスカの姉ちゃんに、なんて言ってるんじゃない。むしろその逆。若い人に選挙に来てもらいたいならば、若い人向けの政策を打ち出して、老人を虐待する主張をすれば良いんだよ。超ミニスカートのお姉ちゃんがはともかく、着ぐるみ内輪やティッシュで、貴重な片道10分を誰が費やしてくれるかって。

 ちなみに前回の川崎市長選挙では、自民民主公明が推す候補を、福田紀彦候補が「無線インターネット無料」等の公約を打ち出し、事前運動をしまくって「奇跡的」な当選をした。

 そして今年10月に行われる福田現市長の再選を賭けた選挙でも、現在自民党系が2名も名乗り出ている。そして日本第一党党首、ミスター差別の桜井誠が既に候補者擁立を宣言。最近はトーンダウンしているが、誰かを立候補するかもしれない。そうなれば、文化都市の横浜の二倍の投票率が見込めるかもよ。お下劣な川崎市が。

 

 ですからー。コンテンツを充実すれば「お客さん」は来るんだよ。

 問題は「ネタ」。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM