もったいない本舗で1円の本を買った

  • 2017.07.27 Thursday
  • 21:08

 Amazon経由だけど。

 「日狂組の教室」というヘイト漫画を買った。古本屋扱いだった。もったいない本舗という店だ。

 1円。ケータイじゃないのに。通話料コミコミじゃない。

 

JUGEMテーマ:気になる書籍

 

 1円で、ちゃんと送られてきた。

 

 

 しかし、郵送料257円はかかってる。(Amazon手数料を含む)と書かれている。ここら辺りに、1円以上の利益を生む秘密があるのだろうか。

 マジで薄利多売を考えているとはどうしても思えない。ゴミの引取料としてお金をもらっているのか。どういう儲けのシステムだろう。

 

 

 「日狂組」って表現、10年前にしばしば見かけた「狂惨党」を思い出す。

 それはともかく、漫画をパラパラとめくったら、絵柄etcが何気に「1円相当」に思えてしまった。

 

 

 でも、もったいない本舗、何なんだ?

 

コメント
私ももったいない本舗でよく買っています。ブックオフで300円以上の値段の本でも1円本でよく売ってますね。
利益構造が謎ですよね。
  • 通行人
  • 2017/07/30 10:13 AM
通行人様。
自分はその利益構造を考えてしまいました。
「『住所+思想傾向』パックで、個人情報を売ってるのかな」とか。
良心的なビジネスモデルとして考えれば、売り物は有料で引き取って「あげてる」のか、とか。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM