真・角頭歩突き戦法(将棋世界2018年12月号)

  • 2018.11.03 Saturday
  • 09:34

 ところで、「特殊手筋」って、合駒を発生させるのか、はたまた△4七飛に打診をするのか。

 

JUGEMテーマ:将棋

 

 さて、今月の将棋世界をざっと眺めてみた。

 私だけ好評の「我が突撃人生」は、大山名人編が終わって米長邦雄編に。突撃がケツ出しを語る。今回はイマイチだったが、いろいろと出てくること間違い無なしで、これから面白くなると思う。

 

 その故・米長邦雄氏が一時期、角頭歩突き戦法を採用していた。▲7六歩△3四歩▲8六歩。△8四歩ならば、▲2二角成△同銀▲7七桂と組むのが狙い。以下相手の出方によって、四間飛車や向かい飛車に変化する。

 そして王将戦で中原名人に挑んだ米長邦雄当時八段は、タイトル戦で角頭歩突きを採用。▲7六歩△3四歩▲8六歩。そこで中原誠名人は突撃しないで、平然と△4四歩。はぐらかされてしまったケツ出しの完敗でで終わった。

 

 

 実は角頭歩突きは米長邦雄氏のオリジナルといえない。

 角頭歩突き戦法、本来は後手番のハメ手っぽい戦法で、アマチュア強豪の人が創案した。私は確か、昔「将棋の公式(加藤治郎著)」という本で読んだ記憶がある。

 ▲7六歩△3四歩▲2六歩△2四歩。米長式と違って、飛車先の歩に対して突き返すのだから、ほんとうの意味で角頭歩戦法、いわば「真・角頭歩戦法」である。

 

 

 「イメージと読みの将棋観」P.136によると、この将棋が現在プロ棋士で「振り飛車党の裏芸」として指されていて、この10年間で34局も出現。戦績は先手の24勝10敗で芳しくないが、なんと34局中この局面で▲2五歩と突いたのは一局だけ。しかも、先手の見落としもあり後手が瞬殺してしまったのである。さすが真の角頭歩戦法、勝率10割。恐るべし。

 

 ちなみに、前述「将棋の公式(だったと思う)」には、▲2五歩ならば△同歩▲同飛に△3三桂と跳ねるのが狙いで、以下先手が飛車を2一に成り込めば△2二飛とぶつけるのが狙い。

 

 

 そこで先手は工夫して、▲2三飛成と控えて成リ込む。△2二飛のぶつけに▲2四歩と頑張る。

 しかし△2三飛▲同飛成△4五桂と乱戦に持ち込むが狙いと「将棋の公式(だったと思う)」に説明され、いわば後手の成功図的な局面が、今月の「イメージと読みの将棋観供廛董璽泯韻任△襦

(違ってたらゴメン。しかし何かの棋書に載ってたのは事実。自分にこんな戦法を作る能力はない)

 

 

 確か、別の「ハメ手破りの本」的な棋書に、▲2五歩△同歩▲同飛ではなく、▲2二角成△同銀▲2五歩△同歩▲同飛が紹介されていた。ここで後手に△1四角とヤラセ的に打ってもらい、▲1五角で良くなるような解説を読んだ記憶がある。

 しかし、良心的に△1四角ではなく、やはり△3三桂で、飛車を引けば△3二金と指す気がする。

 

 と、角頭歩に熱くなってしまった。

 ただ単に「34局中33局が▲2五歩と突いてない」というのは相当に驚きだった。そして、何かちゃんとした根拠があって突かないのか、本当は調べてなかったのでとりあえず「潰されない手」を指したのか、妙に気になった。おそらく、33回中33回とも、正しく指せば先手が勝つのだろうけど、落とし穴に落ちたくないので無難な手を指しただけではないかと。

 

将棋世界2018年11月号、次の一手形式でエンジョイしよう

  • 2018.10.06 Saturday
  • 14:31

 詰将棋のヒントは、解答が書いてあるか、実は騙す目的か、二通りしかない。

 

JUGEMテーマ:将棋

 

 P.97。

 まずは、オッサンだけが大喜びの中原名人「我が突撃人生」より。

 次の一手問題で何回出題されたか分からない「▲9六歩」って、序中盤はこんな局面だったんだ。

 位取りが流行ってた頃(ってこの将棋が指された頃か)、大山名人が△8二玉△7一銀状態で△7四歩と突いて、突撃名人が▲5五角と飛び出し、大山名人が△9二玉とよろけたお茶目な将棋があって。▲9六歩って何かその将棋のイメージだったんだけど、何せ40年以上前の話だから、記憶がボロボロ。

 

 それはともかく、いかにも「昭和」な将棋名人戦。

これ、アマ同士だと、振り飛車良しに見えそう。しかし突撃名人は自分が良いと思っていたそうで、ここで「山田道美ライク?」な一手が飛び出す。

 その手は、ピー!

 

 


 

 P.90。

 話題になった藤井聡太vs里見香奈の一戦より。

 今の里見さんでは、制服攻撃もパンチラ攻撃も効き目がないだろうから、将棋で勝つしかない。

 

 

 今、藤井聡太が△4四にあった銀を△5三に引いたところ。

 後手自ら中央の均衡を破壊した強烈な一手。しかし、さすがにタダでえ五筋の位がいただけるんだもん。負けても取るよね。

▲5五銀△同銀▲同飛。

 図面を作るのが面倒くさいので、ネットでピコった。将棋盤を出す気力がない。

 

 

 難しい局面。一段金がセクシー。

『この手を見た阿部八段は「天才」』と2度つぶやく。(P.91)』

『里見は局後、「○○はどこかで来られるとは思っていましたが、このタイミングなのかと………」』

 

 その手は、ピー!

 


 

 P.105。これは解答つき、

 今月号の特集、ダイレクト向かい飛車より。

 

 

 普通は△7四角だけど、佐藤康光会長(?)は違う手を指したかったと。

 

△7四歩。

 

 ▲同角ならば、△7二銀で「角が不自由じゃん」

 で、問題は先手が歩を取らないで普通に▲4三角成。

 そこで。

 

△6四歩。

 

 

 角が動けない。

 


 

 とはいえ、アマチュアとは言えども、所詮は勝負師人生から去って二十数年。やっぱり読み物中心である。

 戦火に消えた幻の天才棋士関口慎吾六段(1)。

 

 恥ずかしながら、この話は知りませんでした。読み落とした方は、是非。

将棋世界2018年11月号到着。ところで2ヶ月前の「次の一手」解けた?

  • 2018.09.30 Sunday
  • 13:41

 まだ9月なのに、早々と11月号が送られてきた。

 

JUGEMテーマ:将棋

 

 そうそう。9月号の「次の一手」が分からなかった。

 

 

 正解は▲3一馬。もち△1二玉なのだが、▲ピーー △ピーー ▲ピーー。

 なるほど。次の一手業界にこんな筋が「開発」されていたのか。ここで△1二玉でも▲ピーーで一手一手か。

 

 何となく「イメージと読みの将棋観・II」を取り組んで見る。将棋世界を まだお買いでない皆さま、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 テーマ1。いろいろ考えたが、実践的には平凡に銀を取れば、そのうち先手が間違えて後手が勝つだろうなあと思った。

 

 

不正解。

 

 

 テーマ3。

 馬も引きつけられるし、私は△6二歩で粘ろうと思った。

 

 

不正解。

 

 派手・地味の違いがあっても、どっちもいかにもな「次の一手」である。有段者の皆さま、実際に将棋世界をお買いになって、是非ともチャレンジを。

 

 しかし、全く手が見えないね。

 P.155の「名人たちの譜跡」より。五手一組と書いてあるので、どうしても派手な手を考えてしまう。実戦から離れてしまうと、こういうのがさっぱり分からない。

 例の必▲8二金までで死とか、▲7五桂関連とか、そんなのばっかりしか思いつかない。

 

 

 

 

元プロ棋士・永作芳也氏のその後の人生

  • 2018.09.16 Sunday
  • 07:18

JUGEMテーマ:将棋

 

 古い将棋ファンならば、永作芳也という名前を覚えていよう。

 晩学で奨励会入りして、必死に棋譜並べを繰り返し、将棋の駒に「重さ」があることが分かったという奥山紅樹氏の観戦記を思い出す人もいるかもしれない。

 どこか、今をときめく(?)桐谷広人氏と重なるイメージだった。晩学の奨励会入り、並外れた研究量でプロ入り、しかし上位の壁は厚く苦戦の連続。何よりも、真面目だけど不器用な生き方で、何かと揶揄の対象になり、小馬鹿にされている雰囲気が。

 そして永作芳也氏は、8年間のプロ生活を経て将棋界から去った。引退ではない。将棋連盟を退会した。普通、将棋のプロ棋士は「引退」し、毎年発行される将棋年鑑にも「引退棋士」として紹介される。しかし、彼の名雨は存在しない。

 

 確か「転職」したと聞いていた。

 

 その永作芳也氏の現在を追ったTV番組があったようだ。

 

 

 正直、金持ちになって笑いの止まらない生活を… であって欲しかった。

 職を30以上転々とし、事業を2度起こしたが借金を背負う。当然にというのか何というのか、独身。

 やっぱり、幸福になる人・不幸になる人は予め決まっていて、努力では変えることが出来ないのだろうか。いくら努力しても、不幸になる人は不幸になるように出来ている。いや、永作芳也氏を不幸扱いすることは失礼なのだろう。しかし、どこかで不動産業者として事業に成功し、面白おかしい生活を送っていてほしい、そうであって欲しいと思っていた私も、実は甘かったのだ。

 

 人間性も努力量も、その人の成功や幸福と何も関係ない。いくら努力してもダメな奴はダメ。自分も五十数年生きていて、心からそう思う。地位や名声と、努力量や人間性とには、殆ど関連性なんかないのだ。

 

 

将棋世界2018年10月号、二上達也が降霊して藤井聡太に弟子入りを要請?

  • 2018.09.08 Saturday
  • 16:22

JUGEMテーマ:将棋

 

 これは絶対に二上達也。私はそう見えたんだよ。

 少なくとも、バトル氏が「はみだし」欄に書いてある「渡部愛と大原麗子」よりは似ている。

 更に言えば、JCJK時代の里見香奈と広瀬章人と同じくらい似ている。広瀬章人の妹は里見香奈(劣化前)。そう思った人、俺だけじゃないよね。

 

私には二上達也に見えた

 

 さて、中原誠十六世名人の「我が突撃人生」は、大山ホオズキ禿が無冠になるまでなんだけど。なんか、あっさりと時計の針を進めたような。個人的には、位取りを警戒して、△7二銀がない状態で△7四歩と突いて、突撃が角を5五に突撃して、ホオズキが9二玉と米長した将棋が印象に残っている。

 とはいえ、将棋業界日本一の勝負師大山康晴を突撃が評して、『頭の切り替えが早かった(P.104)』と。さすが50歳の新人。一方、50歳か51歳かで突撃した人もいる。

 もっとも、自分はそういう人、嫌いじゃないです。だって、林葉直子でしょ? 普通、あんな美少女にモーションかけられたら、絶対に突撃するよ。俺だったら、婚姻届と印鑑を持って突撃するね。

 

 それはともかく、関屋喜代作ってそんなに偉い人だったんだ。関屋喜代作って、プロ棋界最弱の将棋指しだけど、子供への指導に定評があるってイメージだったんだけど。笹川良一に食い込んで、将棋会館建設に貢献した「大人物」だったんだね。

 しかし、独断専行がひどくて、クーデターが起きたと。そんな事があったんだ。

 その調子で、ご自身の政権がケツ出し右翼にあっさりひっくり返された経緯もお願いします。

 

 ってのか、塚田正夫が会長だったの、何となく思い出した。

将棋世界2018年10月号の必至問題、分かりましたか?

  • 2018.09.07 Friday
  • 14:31

JUGEMテーマ:将棋

 

 さっぱり分からない。

 いくら何でも、自分の味噌はここまで腐ったとはどうしても思えない。

 

将棋世界2018年10月号必至問題

 

 これ、▲1六歩を取られたらアウト、あるいは、▲1六歩を取られた瞬間に詰むように指さなければいけない。

 そうなると、なるほど、後手は4『ピーー』歩『ピーー』ても馬『ピーー』けれど、あれを打てば受かってしまう。

 

さっぱり分からない。

 

しばらく放置して、改めて問題を見てみると…

 

将棋世界2018年10月号必至問題

 

 何だと? 来条克由必至問題週を思い出したぜ。しかし、うん十年前にこの人の必至問題集に取り組んだ時代がなかったら、間違いなく今月中に解答できなかっただろう。

 

 それにしても、「上に立ちたい」という向上心を失ってしまうと、人間、ここまで堕落するものなのか。

 ところで、△1一香を△1一飛にして、持ち駒を残り全部にするのは可能だろうか。

 

 

 

将棋世界2018年9月号より、2代名人大橋宗古って、昭和の古い将棋も知ってるんだね(笑)

  • 2018.08.05 Sunday
  • 10:23

 裏ブログ、1ヶ月以上もサボりましてすみましぇーん。

 

JUGEMテーマ:将棋

 

 伊藤かりん亡き後を支える中原誠先生の連載企画「我が突撃人生」は、やっと名人戦第7局まで終了。第7戦、劣勢の大山名人が廊下で自分が作詞した歌を歌い、中原名人は『先生の番外作戦は有名だったので気を引き締めなくては』と思ったというのがなかなか味がある。

 あと、蛸島彰子初代女流名人のインタビューもあり、将棋世界、記事は若者向けだけど、読み物はシルバー化させるのだろうか。ある意味、正しい判断だったりして。

 あと、ドキッとしたのがP.86-87。

 例の三浦九段冤罪桂のような曲面で、▲4五桂は△2二銀で、以下▲2四歩△同歩▲同飛は△4四歩で受かってるってあっさりと書いてあるので、△7一角以桂損するのは…とよく見たら、玉は△4一ではなく△5一でした。

 そういえば「あの時」も、「冤罪桂って後手玉が4一でなければ成立しないじゃん」って思ったっけ。

 それはともかく、右玉に地下鉄飛車なんて、随分と懐かしい将棋が流行ってるんだ。

 

 あと、先月から始まった「名人たちの譜跡」、ニ代名人大橋宗古の指した手が、昔四間飛車vs位取りで四間側が▲5六金って出て▲5五歩△同歩▲同銀△5四歩▲同銀って攻める例の手みたいなことをやって、宗古氏も古いことを知ってるな(笑)と思ってしまった。

 そう思えば、プロでも銀冠穴熊とかやってるらしいし、案外と古今東西の将棋戦法は全て1970年〜1980年に出尽くして、後の発明品は全部コンピューターソフト製ではないかと(かなり嘘)。

 

 ではまた。

 

 

 

 

将棋世界2018年7月号、その2。矢倉▲6七金左って、昭和棋界の落ち目6〜7段が指してそうなイメージだよね

  • 2018.06.04 Monday
  • 22:13

 昨日に続きまして、将棋世界の最新号より。

 

JUGEMテーマ:将棋

 

 うーん、次の一手、自信がない。何せ▲4三に質駒がある。とはいえ「ピーーー」手も見当たらないので、「ピーーー」「ピー」るくらいしか思いつかない。

 

 昨日は中原誠十六世名人の「我が棋士人生」をご紹介しているうちに暴走してしまったので、それ以外の記事より。

 特集は「横歩取り青野流」(P.83)。少し気合を入れて読んでしまった。横歩取り△3三角に対して▲5八玉と上がり、飛車は3筋に置いたまま▲3六歩→▲3七桂と跳ねる。自分がもう30歳若かったら、絶対にハマってただろう「アマチュア好み」の戦法のようだ。

 それと、矢倉で▲6七金左と上がる手が話題なようで、千田翔太六段が解説している。しかし『本編では変化が多岐にわたるため、筆者がDropboxで公開している定跡ファイル「C-book_WCSC28.sbk」を参照することを推奨する(P.114)』なんて文章を、将棋世界で読む日が来るとは思いもよらなかった。

 『イメージと読みの将棋観・II(P.142)』でも、矢倉はオワタとか▲6七金左とか、訳のわからないことが書いてある。しかし、仮に優秀なコンピュータソフトが矢倉で勝ちまくったら、「やっぱり矢倉は歴史の風雪に耐えてきただけのことがある」とプロ棋士は矢倉を研究し、中原vs米長の名人戦の序盤戦を「数十年前にこんな棋譜があったんだ」と、若手タイトルホルダーが『イメージと読みの将棋観・V』で褒め称えるのだろう。青野流▲5八玉も、何か人間以外の匂いがした。

 でわでわ。

将棋世界2018年7月号伊藤かりんの穴は、棋界の若き太陽・中原誠十六世名人が突撃! 大山十五世名人の棒金崩し!

  • 2018.06.03 Sunday
  • 15:31

 若島詰将棋、解けた気がする。

 しかし次の一手がむずい。

 

JUGEMテーマ:将棋

 

 伊藤かりん亡き後の将棋世界。新連載は中原誠十六世名人の「我が棋士人生」。

 ところで、棋界の若き太陽ってニックネーム、誰のことか知ってます? これを知らないで「ちょっとエッチなミルキーっこ」レベルで喜んでるの愚か者は、豆腐の角に頭をぶつけて死になさい。

 しかし、である。大山康晴十五世名人の次に「神様」になるのは中原誠。ほぼ全員の将棋愛好者はそう信じてきた。しかし、将棋界の「若き太陽」が、どうして「ちょっとエッチなミルキー名人」に落ちぶれ、笑いの王様になってしまったのか。まあ、中森明菜も同じような数奇な運命を辿ってるけど。

 

連載第一回、中原名人...なんか座りが悪い...突撃名人...うん、こっちの方が座りが良い。あ、いや、それはともかく、こんな局面で「封じ手」をのが思い出に残っていると語っている(P.68)。

 

大山名人の棒金破りに中原名人が▲7七玉で突撃

 

 これ、実は自分にとっても懐かしいのだ。

 実は、将棋に命を懸けてた若い頃で、かつ振飛車等だった頃、この将棋の大山名人側の指し手を参考にして、棒金相手に3局くらい勝たせてもらったことがあるのだ。

 

 この将棋、仕掛け前はこんな序盤だった。

 

大山名人の棒金破りに中原名人が▲7七玉で突撃

 

 中原名人が金を突撃したところ。いわゆる棒金戦法。当時は棒金が石田流殺しの定番だった。今の序盤感覚では「△3三桂が早すぎる」ということになろう。

 しかし大山名人は、ここで動いた。

 

△2四歩▲同歩△同飛。

 

 当然後手は△2六金と更に自らの金を突撃する。

 ここで大山名人の頭がキラッと光る。

 

△4五歩▲同歩△7四飛。

 

大山名人の棒金破りに中原名人が▲7七玉で突撃

 

 さあ、みなさん、この局面でどう指します?

 普通は▲7七銀だよね。

 ところが平凡に▲7七銀だと、△4五桂で先手が▲5八金にしろ何にしろ桂成を受けると、△3六歩で地獄落ちなのである。

 

大山名人の棒金破りに中原名人が▲7七玉で突撃

 

 確か、1時間以上の長考だったと思う。

 中原名人は、凄まじい受けを編み出した。

 

 ▲7七玉!

 

大山名人の棒金破りに中原名人が▲7七玉で突撃

 

 中原名人の金と玉が突撃した!

 と、これを版に並べて真剣に将棋に取り組んでいた頃、まさか中原名人が金や玉を動かしただけで笑いの渦が起きる時代がやってくるなんて… 全く世の中はわからないものだ。

 しかし▲7七玉は絶妙の受け。一歩得している局面、これで落ち着けば▲8六歩→▲8七玉→▲7八金とどんどん良くなっていく。後手は暴れるしかない。掟破りの逆大山状態になっているのだ。

 

 棋界の若き太陽。世の中は分からない。

 今日は突撃ネタが暴走してしまったので、他の記事に関しては、また機会があれば。

 

将棋世界2018年6月号に衝撃! 「かりんの振飛車WATCH」終了

  • 2018.05.04 Friday
  • 17:11

JUGEMテーマ:将棋

 

 先程、Amazonから将棋世界6月号が送られてきた。何故か。私がお金を支払ったからである。

 まだパラパラとめくっただけである。

 

 凄い。カロリーナ。将棋界初の外人棋士カロリーナさん、予想以上に話題になって喜ばしい限り。気合で「カロリーメイト」と栄養サポート契約! 凄い。単なる洒落なのに、話題にしてしまう。でも、面白いからいいや。

 しかし、である。今回で、「かりんの振飛車WATCH」が終了である。残念。伊藤かりんいわく『将棋クェストた将棋ウォーズなど、これまで3000局以上指してきました(P.174)。』 凄い。アイドルでありながら、3000局以上ですぞ、3000局。なるほど、飛車を切るわけである。でも▲5五桂だよね、普通は。

 

 あと、どうでも良いけど。渡部愛の写真を撮った奴、センス悪すぎ。まるで昭和の自販機エロ本モデルである。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM