サリン事件死刑囚:中川智正との対話byアンソニー・トゥー@角川書店

  • 2018.09.23 Sunday
  • 17:00

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 私はかつて「オウマー」と呼ばれた人種で、地下鉄サリン事件以降、反オウムの立場でなく、むしろオウム擁護的感覚でオウム真理教関連のニュースをあさり続けた人生を続けた人間である。そんな生活を続けて気がついたら56歳。別に悔いはない。嫁は見つからなかったけれど。

 

 相変わらず「オウマー」はいるようである。私はそういう人のごく一部から、オウム真理教に関して詳しい人物と思われているようである。しかし実は、何も知ってない。それどころか「現場」から離れてしまって、昔は知ってた事を一日ごとに次々と忘れていく。

 

 今現在、オウム真理教業界最大の話題の書。説明不要だろう。以下、私が気になったところ。

 

 ホスゲン襲撃事件に関して

『高橋シズヱさんが江川さんに、あなたも感想を述べていただけませんかと聞いた。そのときの江川紹子さんん答えが印象的だった。

「この事件は起訴されてない いで、私は正式には被害者でないことになっています」(P.21)』

 

 はちみつは赤ん坊に弱い。たまたま聞いたラジオニュースで聞いたが。

『89年の4月、麻原氏の4女が生まれたさいに、遠藤はお嬢さんに蜂蜜を与えないように進言していました。これは蜂蜜の中にボツリヌス菌が芽胞という状態で眠っていることがあり、乳幼児がボツリヌスによって中毒になることがあるからです。この後ボツリヌス菌の研究や培養が始まりました。(P.62)』

 

 これはそうだな。

『東京地下鉄サリン事件の動機は二つの説があることになる。強制捜査を避けるためと、ハルマゲドン実現のため。どちらが本当の動機なのだろうか。(P.92)』

 

 あと、高橋シズヱの『いいえ、一番恨んでいるのは(林郁夫ではなく)警察です(P.200)』も気になった。ただし、文字どおりの意味ではなく、ずるい河野義行のような存在の「策士ぶり」を。

 

AI時代の翻訳に役立つGoogle活用テクニックby安藤進@丸善

  • 2018.09.22 Saturday
  • 10:55

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 なるほど。

 

 最近の日英翻訳はAI仕込なので、なかなか正確になっているとはいあ、まだ少し怪しい。

 そこで、機械翻訳で見事な英文を作ろうというというのが、この本の内容だ。

 

 この本のテクニックをおおざっぱに簡単に説明にすれば、こんな感じである。

 まず、Google翻訳とBing翻訳にかけて、相違点を比較する。その際に生じる「細かい単語の違い」や「前置詞の有無」等であるが、これはその表現の数々をGoogleの「" "」検索で、更にorをまぶしたりして、そのヒット数が多いほうが正解であると(笑)。

 更に、これが正解かどうか、その文章でYoutubeを検索して、そんな感じの動画が出てきたら正解だと。

 凄い。確かにそうだ。

 

 ちなみに「国境の長いトンネルを抜けると、雪国であった」の「国境のトンネル」、「"border tunnel" train」 が43300ヒット、「"border-crossing tunnel" train」は36件、「"tunnel in the border" train」は18件、「"tunnel of the border" train」は5件だそうな。

 

 さすがに真面目に演習問題に取り組む気はさらさらないけれど、なるほど、セコいけれどうまい手があったものだと感心した。真のアイディアとは、こういうのなのだと思う。

『創』を本屋で買って読んだのは、何年ぶりだろうか「『創』2018年10月号」

  • 2018.09.17 Monday
  • 16:54

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 「新潮45」に、『そんなにおかしいか「杉田水脈論文」』という論文が掲載されたとTwitterで知り、更に特集が『野党百害』だというので、せっかくの三連休だもの、速攻で本屋に買いに行ったら、まだ9月号が山積みになっていた。

 仕方がないので、久しぶりに目撃した『創』2018年10月号を買ってしまった。

 

 いかにも「時代に取り残されたおじいさんのオナニー雑誌」。特集は例の「真相究明」だが、既に動画でアップされた情報ばかりで、全く食指が動かない。

 しかし『相模原障害者殺傷事件・植松聖被告の近況と『開けられたパンドラの箱』の反響』という雑文に掲載された植松聖さんの「精神障害者を描いたイラスト」、実に感動してしまった。

 

植松聖さんが描いた「精神障害者」のイメージ

 

 素晴らしい。

 精神障害者について、それなり以上に考えた事がある人ならば、植松聖さんが描いた絵の意図を、誰も否定など出来まい。

 

 ある時は他人に攻撃的になり暴れまくる。

 

 またある時は徹底的に思索にふけり、糞尿を垂れ流す。

 

 そしてある時は、理想と現実とのギャップに悩み、かと言って自分の理想を認めない他人に報復することができず、自暴自棄で自傷行為に走る。

 

 基地外と向き合った事がある人ならば、誰も否定できまい。

 

植松聖さんが描いたイラスト それにしても、植松聖画伯は絵が上手い。

 

 そして、毎月のように「創」を読んでいた頃に、この雑誌を読んで思った印象と、何十年ぶり(?)にこの本を買ったイメージと、殆ど同じである。

 

 この雑誌は、ネタを仕入れるのはうまいけれど、それを調理する人がいない料理店である。

 

 面白すぎるネタを仕入れてくる。しかし「創」の執筆陣では、これをさばく「力量」がない。

 

 『国でなくじゃあ家族がめんどうみるとなるということにすると、例えば家族が無理心中したりするわけでしょう。僕の言うことを非難する人は、現実を見ていないと思います。(P.62)』

 

 相も変わらず「元手要らずの加害者商法」、実にお見事である。こんな発言がこんな感じで、「新潮45」に自民党衆院議員が中立的に紹介したら、おそらく杉田水脈どころではない。安倍内閣が吹っ飛ぶような大騒ぎになるだろう。

 しかし、幸い誰一人読んでない「創」だったので、何もなかったように時は過ぎていく。

 

 これでいいのだ。本当かな?

 

 

 

 

 

 

ジャパニズム44 劉書文とひいおじいちゃんは偉かった

  • 2018.08.12 Sunday
  • 13:58
評価:
---
青林堂
¥ 1,000
(2018-08-10)

 祖父は偉かった、

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 現在は四面楚歌、JAPANISM看板になった杉田水脈さんは、42号に続き小川榮太郎氏と対談。しかし、期待のLGBTネタがなく残念、それどころか、今後の連載も危うい気がするのだが、どうだろうか。

 ま、そんな硬いことは言わないで、漫画の動向にしましょう。

 

 テコンダー朴。ラーメン屋も手がける朝鮮忍者ハットリの前に現れたのは、朴星日に敗北した中国人拳法の達人・イケメン劉書文。劉は挑戦忍者に対して、ラーメンが中国発祥なんて常識だろうヴォケィとあざ笑う。しかし朝鮮忍者ハットリは言い返した。

 

韓国ラーミョンの起源は半万年。

その証拠に−

 

手搏図 ラーメンの起源は韓国

 

 久々の万能壁画「手搏図」炸裂。

 しかし、朝鮮忍者ハットリはあっさり敗退。再び朴星日と劉書文とが対決か?

 今までのストーリーだから推測すると、朴が練習不足のように描かれているので、一敗地に塗れるのだろうか。それとも、死亡寸前に朴英日が救出か。そして、阿倍野晋二がどう絡むのか。いずれにせよ、久しぶりに奉昌や重根が炸裂しそうな展開で楽しみである。個人的には金九が見たい。

 

 そして、テコンダー朴・日之丸街宣女子とともに看板にのし上がった「愛国少女ウヨ子ちゃん」。

 今回は3本建て。トップの「ひいおじいちゃんの墓参り」がなかな味わい深い。何というのか、イデオロギーでは説明ができない「美は沈黙を強いる」世界である。なまじ説明を加えると、何かが壊れてしまう。

 

根戸ウヨ子のスカートの中に手を入れる猫 そして2本目。

 これ、やばい。

 

 猫、小学生のスカートの中に手を入れている。

 猫、小学生のふとももを痴漢している。

 ウヨ子ちゃん、感じてる。

 

 ヤバくないか?

 そういえば昔、俺、同じようなシチュの夢を見たことがある。猫が俺の足に沢山こすりついてくる夢。

 

 他の記事より。

 Youtube春のネトウヨBAN祭りが記事になっていた。個人的には、前回号で余命三年問題に関してあまりに「あっさり」だったのが気になる。

 

 赤尾由美さん(P.132)は『外国人労働者はいらない!』と題して、中小企業庁の「人手不足ガイドライン」の記述『女性、高齢者、外国人等の多様な人材に視野を広げる(P.133)』に対して、『女性→△、高齢者→○、外国人→✕(P.133)』と、経営者の立場にありながら堂々と語っています。そして『人生のベテランが増える豊かさ』『反グローバルで日本を再構築』(←どちらも前述論文の見出し)を論じていますが、果たしてこの主張が若い世代に受け入れられるのでしょうか。

 赤尾氏の論文は、私のような「もうすぐポンコツ老人」にとっては嬉しいけれど、移民を導入しなければならない事態、すなわち少子高齢化を産み出したのが根本的要員であり、そこを見直さないと思います。そして、それを阻害している勢力は誰なのか。だって、私のような素晴らしい男性が、どうして若い女性にモテモテではないのでしょうか(そうです!)

 

 と、冗談はともかくです。労働力不足は経営者にとっては深刻でしょうが、数年前、大学生が人生に失望して次々と自殺したコ頃に比べれば、夢みたいな時代です。「EUの失敗」も分かるのですが、『これからの少子高齢化社会を畏れることはありません(P.135)』なんて言う気には、さらさらなれません。いや、間違いなく「姥捨て山の先見の明」が近い将来語られるでしょう。

 

 ではまた。

読んでない本がこんなに溜まってしまった

  • 2018.08.11 Saturday
  • 09:55

JUGEMテーマ:気になる書籍

 

 今、これを読んでる最中なんだけど。

 

 

 読みたい本をどんどん買ってたら、未読の本がたまってしまった。

 

 

 ついに赤ん坊を殺してしまった人の本も未読。清原様も未読。

 ミラレパじゃなかったミネルパは面白そうなので買ってしまった。「おひとりさまのシニア金融」は、そりゃー自分がおひとりさまだもん、気になるわな。

 しかし、滞留本はこれだけではない。

 

 

 胡散臭いトリオ。

 島田裕巳先生の本はTwitterで流れてて衝動買い。JS5の神様は、こんな「胡散臭さ200%インチキ300%」の本が電車内で堂々と広告出してるのを見て、興味本位で買ってしまった。

 「みんなちがってて、みんなダメ」はタイトルのセンスだけでは買わなかっただろうが、書いてるのがなんと中田考。そりゃー買いだ。

 

 あれ、こんなのもまだ読まないで放置されてた。

 

 

 もっとも、これらの本は、おそらく本日あたりAmazonから送られるJAPANISMの後に読むことになる。

AIvs神様の大決戦

  • 2018.07.01 Sunday
  • 18:22

JUGEMテーマ:気になる書籍

 

 最近、本を読んでない。

 その理由は分かっている。通勤電車の中にいると、どうしても新しいスマホで遊んでしまうのだ。

 

 現在「積ん読」状態。

 

 

 AI対イスラム教。今の世界を俯瞰するに実にふさわしい言葉だ。マジ、そんな感じだよね。

 宗教が完全に力を失い、共産党が夢想したが悲惨な失敗に終わった理想を、AIが実現するかもしれない。そんな時代に、何故か「殺人宗教」がキリスト教を凌駕しようとしている。

 

 

ジャパニズム43はセクハラ特集? 余命三年懲戒騒動には殆ど触れず

  • 2018.06.17 Sunday
  • 09:34
評価:
---
青林堂
¥ 1,000
(2018-06-09)

 最近やっと知ったんだけど、JAPANISMではなくジャパニズムなんだね、本の正式名称は。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 待望の「根戸ウヨ子」2連投はイマイチだった。

 テコンダー朴は今回より沖縄編。それよりも、安倍首相が天皇陛下に対して、じゃなかった覇王子の前に跪く阿倍野総理が「この… 距離なら…」「まだ… 時期ではない」「もっと力を…」

 阿倍野総理は恐ろしい考えを秘めているようである。あ、あくまでも阿倍野総理。安倍首相ではありませんから。しかし、覇子様に続き、また問題になりそうなシーンだ。

 あと、テコンダー朴「だけどオッチャン、だったら在日はどうして韓国に帰らないんだ?」と珍しく日本的発言したら、オッチャンが凍ってた。

 

 今回は赤尾由美とKAZUYAがセクハラねた。KAZUYAはお馴染みの立民初鹿。注目は赤尾由美さんの『セクハラ・パワハラで萎縮する社会』。

 赤尾由美と某銀行の支店長の話(P.126〜127)より。

 それでは、もう社内結婚はなくなりますね。

 あ〜 それはもう難しいでしょうね…

 実際に、下手にセクハラ問題で騒ぎが起きると社会問題になるので『過剰反応して防衛せざるをえない(P.126)』のだそうです。うかつに男性は女性に声をかけられない。その結果、当然に社内結婚も激減すると。女性の地位が向上して、良かった良かったとはとても思えない。ここにも「誰も幸せにしないリベラル」の好例を見た気がした。

 

 あと、あえて苦言を呈すれば、余命事件に殆ど触れられていないのはどうしたことか。最後の『保守速報を読む』で少し述べられているだけである。

 ご存知のように、「余命三年懲戒事件」はテレビや新聞まで報道した大事件であり、青林堂はいわば「最大の関係者」であり、余命氏とともに、何かコメントを出して然るべきだと思うが。今月号は「余命事件特集」にしても良いくらいである。

 自分には、話題になったのを奇貨として、余命漫画を宣伝しているようにすら見える。

 

面白いけど笑ってはいけない!(国民の敵はここにいる)by倉山満・はすみとしこ@ビジネス社

  • 2018.06.10 Sunday
  • 09:45

 はすみとしこさん頑張れ! はすみとしこさん頑張れ!

 と、余命三年懲戒請求事件で落ち込んでいるはすみさんを応援するために買ってみました。朝日新聞がレイシストと絶賛するはすみさんと、どこか怪しい匂いがする倉山満さんの対談です。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 私、神奈川県民なんだけど、いや、何が驚いたかって。2016年の参院選で民進党は神奈川選挙区から二人の候補者を出した。一人でも危ない選挙区なのに、金子洋一という立派な候補者がいるにもかかわらず、真山勇一という元アナウンサーの老人を立ててきた。これ、民進党右派の金子洋一を落選させることが目的なんだって(P.108)。でも、どう考えてもおかしかったよ、あの立候補。

 

 倉山さんがまくしたてて、はすみさんがうまく流す展開。

 「国民の敵はここにいる」と書いてあるが、別に国賊探しをしている感じではなく、面白いので笑って良い本である。

 倉山満が『『世界』という雑誌、知ってます?(P.56)』だって。確かに見なくなったよな。それは左翼衰退の象徴ともいえるが、ただ「諸君!」も休刊になってるし、文藝春秋も売上落ち込んでるらしいから、月刊総合誌そのものが役割を終えたという気もします。しかし倉山氏いわく『岩波文庫は素晴らしいです(P.57)』『右も左も、まず岩波文庫を一日ニ〜三冊読めるくらいの読書力を身に付けてからモノを言いましょう(P.57-58)』と。なるほど。確かに、ネット論客って、学がない人が左右問わず多いもんな。

 

 社会党はいかに酷かったか。あの菅直人が抜けたくらいだ。『菅直人すら入らない社会党(P.100)』だって。今考えればそうだよな。向坂逸郎の社会主義協会なんか、完全な基地外だもん。で、その社会党じゃ駄目だから、ちゃんと政権獲れるのを作ろうってできたのが民主党、しかしその後に民進党が出現して、最低政党社会党のさらに『その下ができた(P.109)』と。

 他にもいろいろあります。対談集なので、気楽に読める本です。

 

 しかし、倉山満さんって本当に頭が良いのだろうか。

 

「創価学会秘史by高橋篤史@講談社」って本を買ってしまった

  • 2018.05.05 Saturday
  • 16:32
評価:
高橋 篤史
講談社
¥ 1,944
(2018-03-01)

JUGEMテーマ:気になる書籍

 

 そんな本を買ってしまった。

 早速、前書きを読破した。

 創価大学図書館でも創価女子短期大学図書館でも、1951年4月創刊の「聖教新聞」のバックナンバーが読めるのは、1980年1月からだと書かれている(P.11)。創価学会のような世俗化した宗教でさえ、そんなものなのか。それ以前の問題として、DVDとかオンライン・データベースとか作ってないのだろうか。

 ちなみに、「邪宗」立正佼成会の付属図書館に、聖教新聞や大白蓮華のバックナンバーが揃っているらしい。

 

 それでは、これから本文を読んでみまーす。

 

リベラルに支配されたアメリカの末路

  • 2018.05.01 Tuesday
  • 12:06

 アメリカの「余命三年」みたいな印象です。

 どこか怪しげ。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 偽装左翼が名乗りたがる「リベラル」なる「民主主義を悪用した癌」が、日本そして世界を浸食していると自分は思っているので、興味を持って読んだ。

 正直、「ホント?」と思う部分も多かった。

 例えば、アメリカの大学生はディベートが得意という幻想。アメリカの大学には、反「リベラル」にそれとなく嫌がらせをする「近衛兵」のような集団がいると(P.63)。そして、大学で保守派の講演会が開催されると、『子供が猫を撫でることができる「セーフ・スペース」が設けられていた(P.63)』と。

 そんな「まっかっか」とおっとっと「リベラル」に落ちぶれたアメリカを、筆者は過去の歴史から分析する。米西戦争(P.86)、プロテスタントの欺瞞(P.108)やカトリックの分裂(P.148)等。そして日本に関して、天皇機関説の美濃部達吉を『極悪人(P.89)』と切り捨てる。

 部分的に「なるほど」と思うところもあったが、部分的に「本当かな?」と思うところも多かった。アメリカが中絶大国だとは思いもよらなかった。キリスト教的道徳観が地を払ったのも事実だろう。しかし、逆の意見も流れてくる。

 

 どこが力点かつかめなかった。

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM