日本共産党の正体by福富健一@新潮社

  • 2019.03.21 Thursday
  • 08:15

 民社研。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 いわゆる「入門書」的内容なので、反共初学者は読んでみてはいかがだろうか。

 共産主義思想を知らないで批判するのと、知っていて批判するのでは、思想の厚みが変わってくる。もっとも、共産党にマインドコンチョロールされて一生が台無しになっても私は責任を取れないが。

 

 筆者の略歴を読んでみると、1954円生まれで民社研の出身とのこと。

 確かに、共産主義を理論レベルで批判するところとか、過去の共産党の動向を追っていくところとか、民社研の匂いがする。

 民社党が地味な政党で終わったように、民社研のメンバーだった中村勝範や武藤光朗のような論客は、綺羅びやかなメディアの中枢で活躍することは一度もなかった。もっとも、論理的支柱として、それなりに意味と力をを持っていたと思う。

 少なくとも自分は「お世話」になった。

 

 

 こういう本、自分は若い頃に散々読んだので「今更」というのが正直な意見。しかし、若い皆さんは、あんまり赤色思想に触れる機会もないと思うので、批判も一緒についているこの本を読んでみてはいかがだろうか。共産主義の入門書としても楽しめる。

 

 

 進歩的文化人という言葉の元祖の話が笑えた(P.20)。

 「進歩的文化人」という言葉を最初に使ったのは、福田恆存というのが一般的な見解らしい(そんな一般論があったんだ)。しかし本当は、文藝春秋編集部が高橋義孝という人に「『進歩的文化人への警告』というような題目で何か書け(P.20)」と依頼したのが最初らしい。福田恆存が読売新聞に発表した「進歩的文化人への批判」が1954年11月25日、前述の文藝春秋が1954年2月号。ゆえに、文藝春秋編集部が「進歩的文化人」という言葉の元祖であると。

 

 ま、どうでもいいわな。

 

 

チーム内の低劣人間をデリートせよ−クソ野郎撲滅法byロバート・I・サットン@Pan Rolling

  • 2019.03.10 Sunday
  • 14:44

 という本を、2/5くらい読んだ。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 タイトルに惹かれて「労務管理」「組合対策」的な内容かな… と思って買ってみた。

 しかし内容はむしろ逆。「企業内いじめ対策」みたいな内容だった。

 パワハラ上司がいると使用者の業務効率がガタ落ちになるので、そういうのを追い出して、労働者が各々の能力を発揮してウハウハ儲けよう。そういう本だった。

 

 この本の内容が本当にアメリカで議論されているのならば、羨ましいと思った。

 また、こういう議論はむしろ、労働組合や左翼から問題提起されるべきものではないのか。

 

 自分の経験だけで語れば、日本の労働組合は、むしろパワハラとセクハラのキーステーションになっていると思う。イデオロギーにこだわり、既得権益を守ることに汲々として、肝心の組合員のニーズからかけ離れたテーゼを繰り返し続けた。

 

 日本だって、経営者が「いじめ撃退法」を語る事はあるだろう。しかし、労働組合が「いじめ撃退法」を語ることはあるまい。

 

はすみとしこの裏世界byはすみとしこ@自費出版(?)

  • 2019.02.17 Sunday
  • 11:05

はすみとしこの裏世界2月1日に遂に!『#はすみとしこの裏世界』が発売開始されました

http://fakebookfraud.blog.fc2.com/blog-entry-164.html

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 ミスター差別が桜井誠氏ならば、ミス差別はやはり、はすみとしこだろうか。

 

 日本を代表するヘイト漫画家・はすみとしこさんが、「「大人の事情」で、出版社からの出版の審査をパスしなかった作品」を含めた作品を公開するというのだ。よっぽど心ない差別的作品がてんこ盛りなのだろう。胸をワクワクさせて、おっとっと、怒りに震えながら、実態を知るためにやむを得ず申し込んだ。

 

 

 臓腑をえぐり取るような心ない差別作品は一つもなかった。がっかり、じゃなかった、良かった。

 しかし、いったいどの作品が「大人の事情」で公表できなかったのだろうか。ヤバそうなのは「現代の子供の連れ去り」くらいに思えた。こんな作品群ですら公表できないのだろうか。

 「すべては白人様の都合です」のような、イメージに遭わない左傾(?)した作品もあり、意外な一面を見た気がする。あと、杉田水脈がかわいすぎ。

 

 最近の保守系の定番、安倍晋三総理の批判が三作あった。

 はすみ氏も「遺憾砲炸裂」「グローバル推進」「LGBT万歳」「ヘイトスピーチ規制」「水道民営化」等、ぐんぐん左傾化を驀進する安倍総理や自民党の社会民主主義政策に対して厳しい。

 そんな中、安倍総理が寝そべってせんべい食って「いーのいーの どうせ総理大臣出来るの 僕くらいしかいないんだから」。

 そうだ、あぐらをかこう。

 あぐら書いて空中浮遊しても大丈夫。野党が基地外すぎて、自民党は今日も安泰。公明党との折衝が一番の敵。あとは所詮ゴミだから。

 

 そんな感じで、案外と普通の本です。

 

ジャパニズム47、人気漫画家相次ぐ離脱の穴埋めに、大和撫子ちゃんが犠牲に!

  • 2019.02.14 Thursday
  • 09:45
評価:
---
青林堂
¥ 1,000
(2019-02-09)

 許せないそ、極右差別雑誌ジャパニズム!

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 テコンダー朴・根戸ウヨ子ちゃんの穴埋めに、女子高生・大和撫子ちゃんが犠牲に。

 かわいそうに、彼女、売り上げ増進のために、脱がされてしまいました。

 

 しかし、乳首は泡でガードしています。

 

 

こちらは手で乳頭をガード。

 

 

しかし、宇佐さんは思いっきり乳首を出しています。

 

 

というわけで、文字の部分は次の機会に。

ジャパニズム、完全に「普通の月間総合誌」になった感があります。

マンガでわかる統計学by高橋悟、トレンド・プロ@オーム社

  • 2019.02.03 Sunday
  • 08:13
評価:
高橋 信,トレンドプロ
オーム社
¥ 2,160
(2004-07-01)

 時代は今、統計。

 とういうわけで、大学でやってないので、勉強してみた。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 この位置から先生がJKのパンツが見える確率を求めよ。

 

 

 

 それはともかく。

 この○内が「性器分布か。

 

 

 それはともかく。

 概して「マンガで分かる」と銘打っても分からないことが多い一方、難しい漢字がずらずら並んでもわかりやすいこともある。

 マンガだと分かりやすく、活字だとわかりにくいというのは嘘。

 

 案の定、挫折した。

 

 P.88の数式と『平均が○○で標準偏差が☓☓の正規分布にしたがう』で完全に振り落とされた。

 ただ、横軸が-4〜4くらいのグラフは、ちょうどブログネタで暑かったので何となくイメージが湧いた。

 逆ブルマの面積を1として、部分の面積と確率が一致すると。何となく分かったような分からないような。

 

 P.99のカイ二乗分布と自由度で死滅。

 ただ、P.152の母集団から抜いて計算し、それを繰り返すって発想は面白かった。

 まあ、いくら俺が統計学の勉強しても、性器分布JKとやれないんだかた、関係ないか。

 

 しかし、である。母集団数千万から2000だけ選んで「世論調査」と抜かしてる大新聞に、母体の1/3も調べてる正確すぎるくらい正確な統計調査が不正だ不正だって、おおかしくないか?

 

 

 

無子高齢化by前田正子@岩波書店

  • 2019.01.27 Sunday
  • 12:40

 「岩波(笑)」ってメージができちゃったけど…

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 でも、アカかろうが何だろうが一応はアカならぬアカデミズムの殿堂。「日本の知性」の水準をを維持しているはずである。

 そうであるならば、まさに「今」「トレンド」を語る本なんだもん。せめて議論以前の基本的部分で、もう少し何とかならなかったのか。

 

 とにかく、太字ゴチックが多すぎ

 

 コソコソ日本共産党を支持しながら、それを指摘されるとヒステリックに無関係を装う左翼の人が書く文章に、この「強調しまくり」文章って多いんだよ。

 それと、しばしば左翼知識人がやらかす失敗。やったら『カッコ』でくくる文章「ニセ『左翼』暴力集団を泳がせる中曽根『自由』主義者の『民主主義』政策」みたいなの。

 

 あのね、マジ、上の文章みたいに、不快極まりない文章なの。議論以前。

 「ここが大事なんだ!」って主張したいのは分かるけど、もっと読者を信用しようよね。アンタが考えてるほど、読者は馬鹿じゃないの。

 だって、第一章なんか、普通に「大学生の常識」の範囲内で、強調する必要がある箇所は皆無。

 

 正直、真ん中あたりでメゲた。

 あまりにゴチックがうざくて、太字が増えれば増えるほど「無子高齢化の原因を”ある方向”に持って行かせないように悲鳴を上げている」ように思えてしまうんだよ。

 岩波、知的にもレベルダウンしていることは間違いなしと確信した。

 

 ちなみに、私の文章、太字ゴチックは2箇所。こういう風にやるの。分かった?

 ったく、1700円+消費税を払う側の気持ちも考えてくれ、このボケが。

 

 

 

 

 少子高齢化の流れに抗う堀ちえみさんのJK時代。

 

堀ちえみのビキニ

日蓮大聖人に背く日本は必ず亡ぶ

  • 2019.01.23 Wednesday
  • 22:27

 オウマーの基本はオウム真理教の著作。

 

JUGEMテーマ:気になる書籍

 

 顕正会に「ハマって」しまった。

 Youtube上の動画を聴き込んで、それなりに「雰囲気」は掴んだ。しかし所詮は「素人」の身。

 初心に帰って、「生死を超える」から始めてみよう。

 

 そんな気持ちをAmazon様が察してくれたのか、こんな本を送ってくれた。

 

実話BUNKAタブーって、露骨に中年独身男性を狙い撃ちした雑誌なんだ

  • 2019.01.21 Monday
  • 22:05

 テコンダー朴目当てで買ったんだけど。

 ついでに他のページも読んでみた。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 広告に「中高年」の活字が、やたらに目立つ。

 

  

 

「中高年でもJKとセックスできた!」って広告、需要があると思う。

 

 

 

 

 

プレゼントコーナーを見て、笑ってしまった。

 

 

足の冷えない靴下。

 

 

妙にしんみりとしたプレゼントだ。

でも、欲しくなる。

 

実話BUNKAタブー3月号、待望の「テコンダー朴」再開… 読者をなめるなボケ!

  • 2019.01.17 Thursday
  • 21:20

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 ジャパニズム43〜44号(ただし44号は若干ページ)に既掲載されたものと同じじゃないか!

 

テコンダー朴(実話BUNKAタブー3月号)

 

テコンダー朴(実話BUNKAタブー3月号)

 

 ってことは、次月2/16号も、その次の3/16号も、ジャパニズム44号〜46号と全く同じ漫画ってことだよ。

 


 

 テコンダー朴ファンの皆さん!

 実話BUNKAタブー、4月16日(6月号)から買えば良いんだよ。

 

 こういうところでケチケチするな。

 せめて、46号までドバっと公開し、4月号から未発表分を始めろや。

 

 ジャパニズム発表済の漫画をそのまま掲載する実話BUNKAタブー編集部に、韓国の起源を笑う資格が果たしてあるのだろうか。

 

 

 

論破力byひろゆき(西村博之)著@朝日新聞出版社

  • 2019.01.13 Sunday
  • 14:42
評価:
ひろゆき
朝日新聞出版
¥ 875
(2018-10-12)

 途中でダレてしまった。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 最近、スクール水着メンタリストDaiGoの本を読んだせいか、正直「なんか説得力がないよなー」ってイメージで、どうも頭に残らない。

 

 結局、冒頭P.24の意見以上の説得力ある意見は存在しない気がする。

 

『プロフラムが動くかどうかは、当たり前ですが感情とか人の思いなんて関係ないわけです。ちゃんとコードを書いたら動くというだけで、どちらのプログラムの方が速いかみたいなことは、はっきり数字が出てしまうので議論の余地がありません。』

『実際にコードを書いてみて、始めて3ヶ月の子のほうが「速いじゃん」となったら、もうどうしようともないわけです。とにかく早いコードを書いた人の勝ち。』

『事実ベースでしか進まない理系の社会に慣れていると、わりと文系の世界は楽』(以上P.24)

 

 だよね。

 そういうことなんだよ。事実がベースになってないと、そおそもアウトなんです。

 


 

 今回のJK。

 スクール水着メンタリストDaiGoが大喜び。

 AKB48・前田敦子さんと渡辺麻友さんのスクール水着です。

 

AKB48前田敦子さんと渡辺麻友さんのスクール水着

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM