清原和博 告白@文藝春秋

  • 2018.11.04 Sunday
  • 10:38
評価:
清原 和博
文藝春秋
¥ 1,728
(2018-07-27)

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 ドラフト指名の際に、読売ジャイアンツが自分ではなく桑田真澄を1位指名したことが、ずっと心の凝りとして残っていた。桑田真澄のみならず『僕はずっと、巨人に対しても、あの王さんに対しても、裏切られたという気持ちを抱えながら野球をやっていた(P.70)』と語っている。

 そしてFA制度ができ、憧れの巨人軍が自分を欲しがっていることを知ったときにも、『謝って欲しかった(P.72)』と。それゆえ、同じく清原獲得に熱心だった阪神タイガーズに移籍することを90%決めていたが、母親に夢を捨てるなと翻意されて、結局巨人入りした。

 そして、ご存知のように読売ジャイアンツでは「活躍した」とは言いがたかった。松井敬遠・清原勝負や応援団の清原応援拒否(P.114)は相当に堪えたそうだ。そしてあっさりと自由契約を宣告される。『「お疲れさまの」一言もなかった(P.134)』。そしてオリックスに1年在籍して引退。

 引退の際に、王貞治氏に『生まれ変わったら必ず同じチームでホームラン競争をしよう(P.73)』と言われて、二十年間王さんは自分の事を思っていてくれたのだと喜び、全てを水の中に流そうと考えたと。

 桑田真澄に関しても、ドラフト以降、感情が全く変わってしまっと(P.68)。FAで巨人に入団したときにも、どうやら桑田真澄に「本当のこと」を聞きたかったようだ。しかし、実際には何も聞かなかった。

 

 片思いの女の子の幻影を追いかけて、オバサンになってその子と結婚できたけれど、そもそも年をとって劣化している上に、一緒に生活してみたら性格が悪く、自分も働く気もなくして結局離婚。いけど、やっぱり好きだった。

 何故薬物に手を出したかは、あっさりと書かれていた。自分には別にどうでもよく思えた。

 

人生にムダなことはひとつもないby佐藤優・ナイツ@潮出版社

  • 2018.10.27 Saturday
  • 16:16

 信濃町にお買い物に行った時、何となく目についたので買った本。

 ちなみに、ナイツの漫才を一度も聞いたことがない、と思う。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 以下、「付箋が立ったところ」から引用します。

 

佐藤:『日本は一〇〇ボルト、中国は二二〇ボルト』『父は半日がかりで作業し、一〇〇ボルトの電球を並列でつないだそうです。』(P.33)

 

佐藤:『生徒を東大に行かせるために一番かっちりした教育をしているのは、女子校の桜蔭高校です。(P.36)』

 

N土屋:『牛丼屋さんが大変なことになり、牛丼をやめて豚丼を出していた(P.95)』

 

佐藤:『もう少し時間がたつと、佐藤さんが手を挙げて暴れている画を撮りたくなる。』『カメラのいる前で笑っちゃいけない。』(P.99)

 

佐藤:『クリスマスはもともと、キリスト教が入ってくる前にヨーロッパでやっていた冬至の名残ですね。(P.159)』

 

ナイツ土屋『愚痴や文句がすぐ口をついて飛び出すようでは、「好きな仕事」とは言えません。(P.115」』

 

 

 あたりは、いわゆるTipsレベル。

一番印象に残ったのはこれ。。

 

ナイツ塙『信心は一人前、仕事は三人前(P.110)』


 

矢島部長の正義の対話by創価学会男子教学室@第三文明社

  • 2018.10.21 Sunday
  • 15:24

 信濃町に行ったときに、何となく面白そうだったので買ってみた。漫画もあるので、読みやすいんじゃないかと。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 創価学会信者向けの本。2000年10月12日発行。未だに二版が出てないようだ。

 日顕宗(笑)の悪口が楽しいが、私は創価学会の教義の話が面白かった。なるほど、そういうことだったのか。

 

『本当の祈りというのは「請願」の祈りだ。自分は必ずこうなっていきます、こうしてみせますと御本尊に誓っていくんだ(P.46)』

 

『この世界はすべてが勝負だ』『負ければ、指名を果たせなくなる。』『負ければ滅びるしかない(P.67)』

 

『俺たちは、宗教の力を借りて問題解決しようとしているわけじゃないんだ。(P.90)』

 

『困難のあることが不幸ではない。困難に敗北することが不幸なんだ。P.130-131)』

 

『自分の不幸の上に自分の幸福を築くという生き方は仏法にない(P.149)』

 

 

ジャパニズム45、読み物もチェック

  • 2018.10.14 Sunday
  • 08:59
評価:
---
青林堂
¥ 1,000
(2018-10-10)

 看板不在。

 トップは矢作直樹氏。並木良和氏という人は始めて聞いた。でもこの本の読者は「古事記」に興味あるのかなあ。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 最近は杉田水脈氏が支えた感があるジャパニズム読み物陣。やっぱり「看板」がいないと寂しい。

 一応「杉田水脈」問題を特集しているが、自分としては、杉田擁護よりも、もっとLGBTの問題点を深く追求して欲しかった。P.166で井上太郎氏が書いているように、杉田氏は『反安倍勢力がLGBTを材料に政治悪用をして杉田水脈議員を攻撃して(P.170)』いるのであり、明らかに言いがかり的な嫌がらせである。ただ、それならば、沈黙を強いられている杉田氏の代わりに、今や小学生をも毒しているLGBTの実態を深く追求し、「ストップLGBT」「ストップ・ジェンダーフリー」の流れを少しでも作ったほうが良いと思う。

 小中学生に「ありのままでいい」とホモレズオカマの勧め、おっとっとLGBT教育をすれば、逆に「ありのままの自分」が破壊され、先生に褒められたいがゆえにホモレズオカマの振りをする生徒が現れるに決まっているのだ。とんでもない話である。

 

 何となく読んでしまうのが、アカオアルミ代表取締役の赤尾由美さん。今回は「楽しく働きましょう!」(P.118)。

 最近「日本人は働きすぎ」って言わなくなったし、実際にそうなんですよね。20年くらい前だと思うが、アメリカが日本を抜いて働きすぎ第一位になったって報道されて(それまでは日本が第一位だった)、「アメリカって働くひとは働くけど、そうでない人は働かない」とか言ってたのを思い出した。今、トップはメキシコでアメリカは15位。かつては怠け者のイメージのイタリアが20位で、日本はその下の22位(P.119)。

 ただ、『日本人は働きすぎだというのは過去の幻想(P.119)』はそのとおりだけど、じゃあ昔が良かったとも思えない気がする。ところで、残業ゼロ法案が可決され過労死続出…になってないなあ。

 それと『インフレは過去のの価格が下がり、デフレは未来の価格が下がります。(P.122)』 なるほど、うまい表現だ。どうせみんなジャパニズム読んでないから、パクろう。

 

 あと、我那覇真子氏(P.58)。まず最初に、何よりも開票前に入稿しているので、タイミングが悪すぎる。

 ただ、どこか「敗北」を予測したような文章に読めた。また、選挙前のチャンネル桜でも、どこか「こりゃ駄目だ」っぽい醒めた印象を受けた。

 「「遺言」が本当に存在しているのか」「小沢一郎の暗躍」等はチャンネル桜でも主張していた。しかし、ネットでの彼女の発言は、政策ではなく「選挙違反」や「スキャンダル」を期待することが多かった。センスプ砲があるようなことを言っていたが、炸裂したのは自陣だったというおまけまでついてしまった。

 今回の沖縄知事選挙、最大の問題点は、案外と「油断」だったのではないだろうか。翁長前知事逝去であっという間に形勢を引っくり返され、ぬるま湯気分から頭を切り替える前に大差をつけられ、手も足も出ないまま終わった気がする。

 

速報! JAPANISM45テコンダー朴、「孔子」も「重根」も錆付いて、劉書文に殺される?

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 22:19
評価:
---
青林堂
¥ 1,000
(2018-10-10)

予想通りの展開?

 

JUGEMテーマ:気になる書籍

 

 それよりも問題は、看板マンガの地位が完全に根戸ウヨ子ちゃんに奪われてることなんだけど。

 

 そういう意味では、大和撫子ちゃんも相当な落ちぶれぶり。しかし、最大の被害者は言うまでもなく、デビュー時は話題騒然だったのに、すっかり時代から取り残され、今じゃ全く話題にならない「日之丸街宣女子」の朔川奏ちゃんだろう。でも奏ちゃんは仕方がないよね。だって、未だに在特会全盛時代が忘れられないんだもん。まあ、実際に関わっていれば、そんな感情を抱くのも分かりますけど。

 

 しかし、小学生のウヨ子ちゃんは、テコンダー朴の重根やパンツを見せない朔川奏よりも、時代を的確に掴んでいる。

 新キャラクター、大鋤ジャパ子(OL・25歳)が、辛いサラリーマン生活を終えて、唯一の楽しみであるネットで愛国者に変身! 電脳世界での必殺技がめっちゃ凄い。

 

 

 妖刀「虎の門ニュース情報」。

 さすが25歳のOL。私みたいに、沓澤亮治やKAZUYAでないところが素晴らしい。ってのか「虎の門ニュース」ってセンスが素晴らしい。チャンネル桜ではやっぱり駄目なのだろう。

 

でもこの女、絶対に藤原佐為だと思う。

 

 

 

Matsumoto(原作LFボレ・作画フィリピ・ニクルー 訳者原正人)@誠文堂新光社

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 21:50
評価:
---
---
---
()

 誠文堂新光社。初歩のラジオ、レフレックス回路でトランジスタラジオを作ろう。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 巻末の解説が、切通理作氏だった。

 切通理作。小林よしのりvs宅八郎論争が華やかなりし1995年頃、「サリン気分」の名言を吐き当時の「SPA!」を批判した。自分もある意味、尊敬していた。もっとも、宅八郎も尊敬しているけど。とはいえ、その当時は「切通の言ってることが本当は正しいよな」「あはは、そりゃそうだ」と納得した。宅八郎は「気骨ある我がまま」、切通理作は「冷静に事実を見つめる社会人」と。

 そして時は流れ、オウム真理教も徐々に忘れられた頃、切通理作氏の「失恋論」という本を知った。こいつ、宅八郎が裸足で逃げ出す人間のクズ…

 

 『後半の「リュックサックから出てくる『うめ』」の件り、涙無くしては読めない。でも結果として、切通氏は、自分の極めて幼稚で身勝手な理由で、二人の女性に不幸をばら撒いただけ、そして自分も不幸になっただけなのである。

 

 小林よしのりvs宅八郎。正直、実力が違いすぎる。宅八郎vs切通理作こそが真のライバルだったのだ。将棋の世界で言えば、昔、将棋マガジンに載ってたライバル物語「桐谷広人vs沼春雄」みたいなイメージである。しかし、宅八郎も切通理作も、どちらも自滅的人生を送った印象がある。

 

 『ダメな自分、恥ずかしい自分を隠さず、気取った時代に反旗を翻すように己の道を行く…私はオウムのイメージの流布にまんまと乗ってしまい、自分自身は入信こそしないものの、ある種の同時代的なシンパシーを抱いたことを斧えている。(P.194)』

 彼のこういう心情は、ひょっとしたら「前世紀末」にも書かれていて、自分もそれを読んだのに、20年以上経って全てを忘れてしまったのかもしれない。しかし… 私が1995年3月20日を遥かに過ぎてから知った「あの漫画」に、彼はこんなにまでシンパシーを抱いてたのだ。

 

 漫画自体は、やっぱり日本人の方が優れてる。

 この漫画の最高の成果は、切通理作さんと再び会えたこと。

 

鬼才伝説by加藤一二三@中央公論新社、P.160まで読んだ。

  • 2018.09.26 Wednesday
  • 20:46

 懐かしい名前がいっぱい出てきて面白かった。

 ただ、将棋の話がいっぱい出てくるけど、盤面がないので、私みたいな熱心な将棋マニアですら知らない将棋がてんこ盛りなので、あんまり詳しくない人は、納得したのだろうか。

 

JUGEMテーマ:将棋

 

 通勤電車の中でP.160まで読んだ。

 印象に残ったところより。ただし、将棋に詳しくない人かつオッサンでないと、面白くないところです。

 

 升田式石田流。

 『…私が感心したのは、石田流の左の銀が変化によっては、盤面を大きく半周して右の方に進出していくという構想だ。(P.55)』

 

 米長邦雄の加藤一二三評。

 『加藤さんと将棋を指すと、こちらはまあ一回は負けたとしても、次も加藤さんは同じ手でやってくる。それが分かっているから、こちらも研究していくと、ちょうどその通りになる。それがうまくいって私が勝ったことが度々ある。(P.80)』

 

 私はむしろ、グリ森犯人の指名手配イラストに似ていると思う、

 『私は谷川さんと対局していると、いつもある人を思い浮かべてしまう。

 共産党の志位和夫委員長だ。(P.101)』

 

 やっぱり「将棋が強い変人」じゃん。

 (以下P.123)

 『私のネクタイは畳に届きそうに長い』

 『これは、いつとはなしに、そうなった。別に理由はない。ある日、長いネクタイで対局したら、結構気に入っただけのことなのだ。』

『体の動きに合わせてネクタイが揺れるのが楽しいのだ。』

 

 そうか、ネクタイが揺れるの、そんなに楽しいのか。

 

サリン事件死刑囚:中川智正との対話byアンソニー・トゥー@角川書店

  • 2018.09.23 Sunday
  • 17:00

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 私はかつて「オウマー」と呼ばれた人種で、地下鉄サリン事件以降、反オウムの立場でなく、むしろオウム擁護的感覚でオウム真理教関連のニュースをあさり続けた人生を続けた人間である。そんな生活を続けて気がついたら56歳。別に悔いはない。嫁は見つからなかったけれど。

 

 相変わらず「オウマー」はいるようである。私はそういう人のごく一部から、オウム真理教に関して詳しい人物と思われているようである。しかし実は、何も知ってない。それどころか「現場」から離れてしまって、昔は知ってた事を一日ごとに次々と忘れていく。

 

 今現在、オウム真理教業界最大の話題の書。説明不要だろう。以下、私が気になったところ。

 

 ホスゲン襲撃事件に関して

『高橋シズヱさんが江川さんに、あなたも感想を述べていただけませんかと聞いた。そのときの江川紹子さんん答えが印象的だった。

「この事件は起訴されてない いで、私は正式には被害者でないことになっています」(P.21)』

 

 はちみつは赤ん坊に弱い。たまたま聞いたラジオニュースで聞いたが。

『89年の4月、麻原氏の4女が生まれたさいに、遠藤はお嬢さんに蜂蜜を与えないように進言していました。これは蜂蜜の中にボツリヌス菌が芽胞という状態で眠っていることがあり、乳幼児がボツリヌスによって中毒になることがあるからです。この後ボツリヌス菌の研究や培養が始まりました。(P.62)』

 

 これはそうだな。

『東京地下鉄サリン事件の動機は二つの説があることになる。強制捜査を避けるためと、ハルマゲドン実現のため。どちらが本当の動機なのだろうか。(P.92)』

 

 あと、高橋シズヱの『いいえ、一番恨んでいるのは(林郁夫ではなく)警察です(P.200)』も気になった。ただし、文字どおりの意味ではなく、ずるい河野義行のような存在の「策士ぶり」を。

 

AI時代の翻訳に役立つGoogle活用テクニックby安藤進@丸善

  • 2018.09.22 Saturday
  • 10:55

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 なるほど。

 

 最近の日英翻訳はAI仕込なので、なかなか正確になっているとはいあ、まだ少し怪しい。

 そこで、機械翻訳で見事な英文を作ろうというというのが、この本の内容だ。

 

 この本のテクニックをおおざっぱに簡単に説明にすれば、こんな感じである。

 まず、Google翻訳とBing翻訳にかけて、相違点を比較する。その際に生じる「細かい単語の違い」や「前置詞の有無」等であるが、これはその表現の数々をGoogleの「" "」検索で、更にorをまぶしたりして、そのヒット数が多いほうが正解であると(笑)。

 更に、これが正解かどうか、その文章でYoutubeを検索して、そんな感じの動画が出てきたら正解だと。

 凄い。確かにそうだ。

 

 ちなみに「国境の長いトンネルを抜けると、雪国であった」の「国境のトンネル」、「"border tunnel" train」 が43300ヒット、「"border-crossing tunnel" train」は36件、「"tunnel in the border" train」は18件、「"tunnel of the border" train」は5件だそうな。

 

 さすがに真面目に演習問題に取り組む気はさらさらないけれど、なるほど、セコいけれどうまい手があったものだと感心した。真のアイディアとは、こういうのなのだと思う。

『創』を本屋で買って読んだのは、何年ぶりだろうか「『創』2018年10月号」

  • 2018.09.17 Monday
  • 16:54

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 「新潮45」に、『そんなにおかしいか「杉田水脈論文」』という論文が掲載されたとTwitterで知り、更に特集が『野党百害』だというので、せっかくの三連休だもの、速攻で本屋に買いに行ったら、まだ9月号が山積みになっていた。

 仕方がないので、久しぶりに目撃した『創』2018年10月号を買ってしまった。

 

 いかにも「時代に取り残されたおじいさんのオナニー雑誌」。特集は例の「真相究明」だが、既に動画でアップされた情報ばかりで、全く食指が動かない。

 しかし『相模原障害者殺傷事件・植松聖被告の近況と『開けられたパンドラの箱』の反響』という雑文に掲載された植松聖さんの「精神障害者を描いたイラスト」、実に感動してしまった。

 

植松聖さんが描いた「精神障害者」のイメージ

 

 素晴らしい。

 精神障害者について、それなり以上に考えた事がある人ならば、植松聖さんが描いた絵の意図を、誰も否定など出来まい。

 

 ある時は他人に攻撃的になり暴れまくる。

 

 またある時は徹底的に思索にふけり、糞尿を垂れ流す。

 

 そしてある時は、理想と現実とのギャップに悩み、かと言って自分の理想を認めない他人に報復することができず、自暴自棄で自傷行為に走る。

 

 基地外と向き合った事がある人ならば、誰も否定できまい。

 

植松聖さんが描いたイラスト それにしても、植松聖画伯は絵が上手い。

 

 そして、毎月のように「創」を読んでいた頃に、この雑誌を読んで思った印象と、何十年ぶり(?)にこの本を買ったイメージと、殆ど同じである。

 

 この雑誌は、ネタを仕入れるのはうまいけれど、それを調理する人がいない料理店である。

 

 面白すぎるネタを仕入れてくる。しかし「創」の執筆陣では、これをさばく「力量」がない。

 

 『国でなくじゃあ家族がめんどうみるとなるということにすると、例えば家族が無理心中したりするわけでしょう。僕の言うことを非難する人は、現実を見ていないと思います。(P.62)』

 

 相も変わらず「元手要らずの加害者商法」、実にお見事である。こんな発言がこんな感じで、「新潮45」に自民党衆院議員が中立的に紹介したら、おそらく杉田水脈どころではない。安倍内閣が吹っ飛ぶような大騒ぎになるだろう。

 しかし、幸い誰一人読んでない「創」だったので、何もなかったように時は過ぎていく。

 

 これでいいのだ。本当かな?

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM