パヨクニュース2018by千葉麗子@青林堂

  • 2018.01.18 Thursday
  • 21:50

 肩の力を抜いて読める本です。通勤電車の中で読むのに最適。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 最近のネタが多い。だから「大抵のネトウヨなニュースは知ってる」と思って読んだけど、案外と知らない事が多くて、勉強になりました。

 以下、付箋が立ったところより。

 

 アイルランドではホモ野郎が首相になったのですか(P.40)。『そもそも、日本では同性愛者が差別されているとは思えません(P.39)』。そうなんです。パヨクとつるんだので、嫌われるようになったのです。

 

 浜矩子。『1ドル50円』『平均株価1万円割れ』(P.89)。そういう香しい方だったのか。でも、確かに「安倍」が失脚して、再び民進三派が政権に就けば、アホのミクスの正体が実現すると思う。

 

 藤波心(P.97)。彼女、アイドルはアイドルでも、無能で裸になるしか脳がないので、際どいビキニを売りにした「ジュニアアイドル」だけど。どうやら私の予言通り、将来の「逮捕」に向かって着々と破滅の人生を歩んでいるようである。

 

 吉永小百合@72歳。案外とまだ若かったんだ。そりゃそうだ。日本共産党では現役のロリロリのアイドルだもんな。

 彼女、『北朝鮮を地上の楽園のように描いた映画(P.117)』に出てたんだ。少し前、共産党員説を知って、支持者ならばともかく「共産党”員”」とはさすがに胡散臭いと思ったが、案外とそうだったりして。

 

「三日間の幸福」という本がある

  • 2018.01.13 Saturday
  • 10:46

JUGEMテーマ:気になる書籍

 

 そんな小説を仕事で知った。

 調べてみたら、なかなか評判の小説のようだ。

 どうやら、自意識高い系の大学生が、自分の寿命を売ってしまう話のようである。

 死ぬ前、世の中が一番輝いて見えると。

 

 自分の子供の頃は、「人間は死ぬ前に、自分が生まれてから死ぬまでのビジョンを見る」と、まことしやかに信じられていた。もちろん今となっては全くの嘘、よくもまあこんな嘘を信じていたものだ。どうやら今の若い人は、あの迷信は受け継いでいないようだ。

 ただ、そうなると、星新一の「午後の恐竜」なんて成立しないんだな、なんて考えてしまった。午後の恐竜。あれこそ「人間は死ぬ前に、自分が生まれてから死ぬまでのビジョンを見る」という嘘が信じられていた時代だからこそ成立した小説だった。だから、今の若い人が読んでも、ちっとも面白くないだろう。

 何せ大昔の話、記憶は忘却の彼方へ。しかし、確かこんな話だった。突如と恐竜がまるで映画のように地球上に現れた。そしてその次は原始人が... 何故か分からない。実は地球は核戦争の危機にさらされていて、寿命あと僅か...

自治労の正体by森口朗@扶桑社新書

  • 2018.01.07 Sunday
  • 13:42
評価:
---
---
---
()

 そうだったんか。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 ご存じの方も多いだろう。

 国家公務員法第38条5号には、『日本国憲法 施行の日以後において、日本国憲法 又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者』は公務員になれないと規定されている。同様に地方公務員法第16条5号にも『日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者』は公務員になれないと規定されている。

 それゆえ、現役日本共産党員も元日本共産党員も、公務員になれない。なのに、公務員は真っ赤っ赤。

 実は、この条文が言う『日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者』って、破防法の解散指令や活動制限を食らった団体のことだったのだ。言うまでもなく、日本にそんな団体はない。そしておそらく、こんな団体は今後もないだろう。それゆえ、元日本共産党でも現役日本共産党でも公務員になれるどころか、中核派でも革マル派でも、その構成員がゆえに公務員採用に支障をきたすことなんか何もない。

 そりゃそうだ。東京都内の地下鉄内各所で猛毒サリンをばら撒いて多数の人間を殺し、何せヘリコプターで東京上空から毒ガスをばら撒いて、手当たり次第人間を殺した団体ですら、破防法の解散指令が適用されなかったのだ。破防法の解散指令は完全にザル法、外患誘致罪と同じく、事実上あってないが如き法律である。バリバリのオウム真理教信者だってISのテロ戦士だって、ちゃんと公務員になれるのである。

 知らなかった。それを知っただけで、この本を買った価値がある。

 他にも、未だに毛沢東思想やチュチェ思想(主体思想)がギャグではなくマジで通用する公務員の思想状況。高級官僚だけではない「天下り」。沖縄反米闘争に傾倒する過激派。ヤミ専従、etc。

 いろいろと書いてあるので。ご興味のある方はご一読を。

そんな事を言われたの、私、初めてなの!

  • 2018.01.05 Friday
  • 18:17

JUGEMテーマ:心にきた名言

 

 そう言われたこと、ありません?

 

 騙されちゃ駄目!

 

 これ、間違いなく100万回目の「初めて」です。

 

 他にもいろいろあります。

 

「こんなの、常識なの!」

「みんなが言ってるの!」

「当たり前でしょ!」

 

 あなたがそれなりに人生経験を積んでいれば、自信を持って反論して下さい。周りを見回し、同意を得るような仕草をして、この破廉恥な輩に言い返して、周りに問いかけて下さい。

 

「ちっとも常識じゃないですよ」

「「みんな」って、誰ですか? 具体的に言って下さい」

「あなた脳内だけ「当たり前」なんです」

 

 悲しいかな、世の中には、善意の仮面を被った極悪人がたくさんいるのです。

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM